Note | Reincarnation 終の住処

Personal photo story “Reincarnation” | 26 photos

Reincarnation」は、父が伊豆に購入した家と、終の住処としてそこに暮らす両親、そして新芽の発芽を促すために山肌の草木に点火して山全体を焼き尽くす伊豆半島・大室山の山焼きを「輪廻転生」と捉えて時々撮り続けているパーソナルなフォト・ストーリーです。伊東から南の海岸線は、徳島の海岸線の風景に少し似ているので、父は生涯最後の地に選んだ海と、生まれ故郷の瀬戸内とを脳裏で重ねて眺めているのではないかと自分は想像しています。大室山の山焼きは、点火されてから山が燃え尽きるまでものの15分。

*昨年、このシリーズ内の写真をストリート写真家・ノグチシンさん@shinnoguchiphotos)のキュレーションによって、People Sleeping in the Worldに取り上げて頂きました。この場を借りて改めてお礼申し上げます。父と一緒に写っている烏骨鶏には長寿の意味や縁起があるようです。

 

Reincarnation (26 photos) : This personal photo story is an ongoing series, which started in 2010. These photos are at my parents’ house and surrounding countryside the Izu peninsula. My father said, “When I retire, I’d like to spend the rest of my life in the Izu peninsula”. In 2010, my father bought a house in the Izu peninsula. Mountain-burning on the Mt. Omuro is one of the events of the Izu peninsula. It will be carried out in February every year for refreshment of grasses. I think it to be reincarnation (A never ending cycle of life). It is the last place that my parents live. *The paper airplane that my father handed to my mother is the contract sheet of this house.

*Last year, one of the photos in this series was featured on @peoplesleepingintheworld (Curated by @shinnoguchiphotos -san).

 

Archived in Covid Pictures | Tokyo 2020

Covid Pictures | Founder: Jennifer Timmer Trail
Archive 1750-2000
Thank you for adding those photos to the archive.

My B/W photos (Left to right): 1. International student wearing a facemask. 2-3. Social distancing. 4. Message in the windows of Tachikawa Sougo General Hospital: “Hospital at its limits. Stop the Olympics!”. 5. ‘TOKYO 2020’ Olympic banners and the ‘Olympic’ supermarket’s signboard at the top of building. – from the series “Tokyo 2020”.

昨年初頭、アメリカ・オレゴン州のJennifer Timmer Trailさんによって、パンデミック下の全世界の写真をアーカイブしようという目的で創設されたCovid Pictures過去記事)。今回は今年の四月末に、オリンピックのバナーが掲示されている東京郊外の街、そのオリンピックの中止を訴える医療機関、フェイスマスクをした留学生、ソーシャル・ディスタンスなどを撮った「Tokyo 2020」から五枚がCovid Picturesに追加されました。Jenniferさんからアーカイブへの追加のご連絡を頂いたのは奇遇にもオリンピック開会式の直前。将来、Covid Picturesアーカイブが全世界の社会や歴史等に役立つことを願っています。以下に同様のプロジェクトとして、アメリカ同時多発テロ発生時の写真アーカイブ・プロジェクトや関東大震災映像アーカイブを追記します。

The Olympic games opened on July 23. But I haven’t been vaccinated yet. Vaccination for the coronavirus has been delayed in Japan. Anyway, I hope that the Covid Pictures archive will be useful to humanity, society and history around the world in the future.

Ref. Interview: Covid Pictures by LENSCRATCH

Similar projects:
1. here is new york, a democracy of photographs | 9.11 NY
2. Films of the Great Kanto Earthquake of 1923 by National Film Archive of Japan

 

Note | Tokyo 2020

New: Short documentary series “Tokyo 2020” (14 photos)

“You keep that,” said my dad. It was a copper medal commemorating the 1964 Tokyo Olympics, which were held before I was born. He told me that the start of shinkansen rail services was timed to coincide with the Games, and that sales of the colour TV sets that replaced black and white ones went through the roof. The second Tokyo Olympics was planned to take place 56 years after the first, in 2020. But the Covid-19 pandemic broke out at the start of the year, and the Games were rescheduled for 2021. The global coronaviruscrisis remained unresolved, however, and cities in Europe and America went into lockdown. In Japan, where the law does not allow lockdowns, states of emergency were repeatedly declared in the major cities. In April 2021, Tachikawa Sougo General Hospital, a medical facility in one of Tokyo’s suburbs, posted messages in its windows warning that it was at the limit of its capacity to treat patients and calling for the Olympics to be cancelled. At present, with three months to go before the Games are due to start, the majority of Japanese citizens are still unvaccinated, while the Japanese government’s line is that the Olympics will go ahead.

This short documentary series is intended to allow us in future to look back on the once-in-a-lifetime year of the planned Tokyo Olympics.

Translated by Michael Normoyle and Yoshiko Furuhashi at M&Y Translations (Birmingham, UK)

 

「これを持っておけ」と父は言った。それは私が生まれる前の1964年に開催されたオリンピック東京大会の記念銅メダルだった。父からはオリンピックの開催に合わせて新幹線が開業したこと、白黒テレビに代わってカラーテレビが爆発的に売れたエピソードを聞いた。1964年から56年後の2020年、再び東京でオリンピックが開催されることになった。しかし、2020年初頭、Covid-19によるパンデミックが発生し、二度目のオリンピック東京大会は翌年に延期された。その後もコロナウイルスによるパンデミックは全世界で収束せず、欧米各国では都市封鎖が行われ、法律でロックダウンが出来ない日本では主要都市を中心に度々緊急事態宣言が発令された。2021年4月、東京郊外の立川総合病院は、医療キャパシティの限界とオリンピックの中止を訴えるメッセージを窓に貼り出した。オリンピック開催予定の3ヶ月前、この時点で日本国民の大多数はまだワクチン接種が出来ておらず、日本政府はオリンピックの開催を宣言していた。

この短いドキュメンタリー・シリーズは、私の人生で一度しかないであろうオリンピック東京大会開催予定の年を将来振り返られるようにすることを目的としています。

 

Tokyo 2020”. Photozine: A5, 14 photos, 36 pages

 

Note | Borderland Part II

Add 8 photos: Series “Bordeland” 2019 – ongoing

These photographs are part ofBorderland”, one of my photo archive projects. I live in the city of Sagamihara (Kanagawa Prefecture), where the US Army Sagami General Depot is situated. In 2014, 17 of the depot’s total 214.4 hectares were returned to Japan. A local pro soccer team is planning to relocate its home stadium to this area. There are also plans to construct an extension of the Odakyu Tama railway line and a new station underground here. What this currently unused site will look like in the future is very hard to imagine. Recording this landscape as it changes will require a long (10-year) time-frame. Since the end of the War in 1945, Kanagawa Prefecture seems to have experienced an influx of American culture, as the US Army’s presence has brought jazz, surfing, surf music, movies, hamburgers, entertainment, art and the like to Shonan coast and even the central area of the prefecture where I live.

Translated by Michael Normoyle and Yoshiko Furuhashi at M&Y Translations (Birmingham, UK)

 

Borderland」に追加した8枚の写真について: これらは、私の写真アーカイブ・プロジェクトのひとつ「Borderland」に関連した写真です。私が住む神奈川県内には米陸軍相模総合補給廠があり、2014年に214.4ヘクタールのうち17ヘクタールが土地返還されました。将来この場所には、地元のプロ・サッカーチームのホームスタジアムが移転される計画となっており、さらには、小田急多摩線が延伸され、地下に新たな駅が建設される計画となっています。現在の手付かずの土地からは未来の風景を想像するのはとても難しいですが、移り変わっていく風景を記録していくには10年単位の長い年月が必要です。そして、神奈川県の文化に目を向けると、1945年の終戦以降、湘南海岸を始め、この県央地区でも、ジャズ、サーフィン、サーフ・ミュージック、映画、ハンバーガー、エンタテインメントやアートなどのアメリカ文化が米軍を通じて入ってきたそうです(参考文献 Works Cited:「米軍基地と神奈川」國學院大学講師・栗田尚弥編著 有隣新書、他)。

*現在も土地返還された部分でも立入禁止です。従ってフェンス越し、幾つかはカメラを持った両腕を上に伸ばしてフェンスの上からノー・ファインダーで撮っています。また、現役米軍基地は許可なく立入及び撮影することは出来ません。

In Conversation With | Hidden Histories Exhibition
Landscape Stories Magazine blog | Masato Ninomiya
My website ‘Note’ (May 2020)

 

Note | Borderland

America in Kanagawa | There are dotted with US naval facilities in Kanagawa where I live. Of these US Radio Transmitting Facility Kamiseya in the suburbs of Yokohama was drawn off and the land was returned in 2015. The site area was 242ha. Cherry blossoms were planted along the surrounding highways as a sign of friendship. This part of the square opened to the public during the first week of April, despite the former border fence, the crossing is still prohibited. It is planned to attract an International Horticultural Exhibition which will be held in 2026, on the site of this US naval facility. After that, there is a plan to build a big theme park. The purpose of this photo series is to record one part of the history of Japan and the history of Kanagawa where the landscape will soon be reborn. This series is an ongoing project, which started in April 2019

 

シリーズ「Borderland」について。2026年、国際園芸博覧会誘致などの土地再利用計画が具現化するとそう遠くないうちに生まれ変わるはずの風景。変貌していく風景の記録。2015年に土地返還された横浜郊外・元米海軍通信施設の敷地面積は東京ドーム51個分。そこは戦後アメリカに接収された区画なので日本ではなくアメリカでした。そのかつての国境/有刺鉄線内は今でも立入禁止ですが、かつて友好の印として植樹された桜が満開になる四月の第一週には元ヘリポートの広場が一般開放され、今では県内有数の桜の名所となっています。しかしながら、土地再開発計画の中には、施設周辺の桜並木を伐採する計画も含められています。実は、この施設跡地とその周辺には、日本の国鳥キジが多数生息しています。国際園芸博覧会を誘致しながら自然保護とは矛盾するならば少なからずの疑問も感じるところです。さらに盗難に遭うのか英語標識も徐々に姿を消しています(上記一枚目、「DWI (Driving While Intoxicated) 禁止=飲酒運転禁止」の標識は2021年時点ですでに存在しません) 。今年新たに元号も変わる中、今後変貌していく風景を戦後日本の歴史のひとつとして+神奈川の中のアメリカ。

*一部、周辺地権者の方やガードマンの方にお話をお伺いしながら撮影しています。現役米軍施設の場合許可なくカメラは向けられません。

 

*photozine draft : 148mm x 188mm, 32 photos, 60 pages. *Print on demand version : Mr.B Super white paper 135kg, Perfect bound. | This series is an ongoing project, starting in April 2019.

 

Note | Coastline

This photo series focuses on the area that extends underneath the Seisho Bypass along the Seisho Coast and National Route 1. The Seisho Coast is usually a quiet place with few people around, familiar to locals as a fishing spot and a walking route for large dogs. At the same time, coastal erosion due to natural processes has progressed. Some areas have lost as much as 45 metres of sand beach in the last 65 years, and the seawater pools at Hiratsuka and Kozu have recently been closed. In the Ninomiya area, a typhoon washed away the beach and caused a section of the Seisho Bypass to collapse in 2007. Currently this area has an artificial sand beach. At Kozu the pier structure of the Seisho Bypass is being eroded by waves, and tetrapods are becoming increasingly common here. I decided to make a photographic record of the appearance of this coastal area that has been restored by humans. Another purpose of this photo series is to make a comparison between Hiroshige’s depiction of Hiratsuka, Oiso and Odawara in “The Fifty-Three Stations of the Tokaido”, and how these three places look nowadays. This series is an ongoing project, which started in September 2018.

Coastline” brief introduction: Translated by Michael Normoyle and Yoshiko Furuhashi at M&Y Translations (Birmingham, UK)

 

Coastline」は神奈川県南西部の相模湾沿い、平塚から小田原の先の早川まで、国道134号線と西湘海岸の砂浜上に建つ国道1号西湘バイパスの区間で「西湘の海岸浸食と周辺の人々や暮らし」をテーマに撮り続けていくシリーズです。海岸侵食について、平塚では過去65年間で最大45メートルも砂浜が減少し、二宮海岸では台風で砂浜が完全消滅して西湘バイパスが崩落、のちに人工砂浜が設けられました。国府津の海岸では西湘バイパスの橋脚が波に浸かり、日々砂浜のメンテナンスが行なわれています。砂浜がなければ高波が発生して、周辺への影響はより大きくなります。人の手による自然の修復などにも焦点を当てられたらと思います。そして、西湘では「写真撮りに来たの?」と話しかけてもらえることもあるので、地元の方々との一期一会を大事にポートレートなども撮り残すことが出来たらとも思っています。

大磯駅に飾られている絵=東海道と言えば歌川広重。知足美術館刊行の『広重と大正期の写真(Amazon)』という本には、広重の絵と同じ場所で撮られた大正期の写真が出てきます。当時の機材による制約とはいえ客観的に風景を捉えているからこそ広重の時代との対比も出来て、約100年後の現代にも意義が出てくるとも思います。東海道線の車内で束の間「将来へのアーカイブ」という思いも巡らせました。

*昨年5月に発症したメニエール病を抱えながら始めたものなので、県内を電車移動、東海道線の大磯以西の各駅から徒歩15分圏内を対象に定点観測のように続けられるものという発想で始めたのがきっかけです。