FotoFilmic JRNL Issue 11 Winter 2022

FotoFilmic JRNL 11
▶︎ Get your copy on store.fotofilmic.com

This issue was guest edited by Corey Keller.
From 2003 to 2021, Curator of photography at the San Francisco Museum of Modern Art (SFMoMA).
Currently adjunct professor in the photography program at California College of the Arts (CCA).

Photographers:
Sam Zalutsky [USA], Nicole White [USA], Seunggu Kim [South Korea], Nikos Staikoglou [Greece], Tony Chirinos [USA], Daniel Aros-Aguilar [Colombia/USA], Jenny Sampson [USA], Masato Ninomiya [Japan], Emily Wall [USA], Laidric Stevenson [USA], Josh Slan [Canada], Sarah Malakoff [USA]

11×15 inches, 56 pages
©︎ 2022 FotoFilmic publisher and the artists

I’m very grateful for such a wonderful opportunity.

先月1月15日、カナダFotoFilmicからJRNL 11が刊行されました。JRNL 11ゲスト・エディタCorey Kellerさんによる序文と選出者12名のプロジェクトが掲載されています。このような機会に選出して頂き大変光栄です。サイズは11×15インチ(閉じた状態で大四切よりも大きなサイズ)、56ページ、価格は10USD。すでに残り僅かなようですが、上記オンライン・ストアをご参照頂ければ幸いです。

Cf. 関連記事

*JRNL 11は、Sold outになりました。

 

zine: Tokyo 2020

Photographs, Text and Layout by Masato Ninomiya
Translated by Michael Normoyle and Yoshiko Furuhashi at M&Y Translations

Paper: ARAVEAL snow-white (TAKEO Co.,Ltd)
Print on demand (laser print) / Saddle stitch binding
Printing and binding by Graphic Corp. (Kyoto)

57年ぶりのオリンピック東京大会の年とコロナウイルスによるパンデミック。Photozine「Tokyo 2020」を作りました。オフセット印刷のようなクリアさや解像感と比べると、オンデマンドのレーザープリントは画像部分が少々粗くベタッと沈みがちになるのかな?と以前入稿したものでも思ったのだけれど、そんな中、印刷用紙で好きなのはヴァンヌーボ、ミスターB、アラベール。今回は手触りと凹凸感の好みでアラベールを使用しました。紙の「流れ目」も指定した上で裁断してもらう竹尾のインクジェットペーパーを用いて、他のものなどは自家製本してみたいとも思っています。

 

Goldenrod zine Issue 01

I’m happy to be featured in the first group zine issue 01 of Goldenrod Editions. Thank you to Roslyn Julia and Grace Tyson for selecting my work.

Curated and produced in New York, US by Goldenrod Editions
Founders : Grace Tyson and Roslyn Julia

5×7 inches / 114 pages / perfect bound
53 Artists / 99 color photographs
Edition of 100
US $20

▶︎ Item description / Online shop

NYの写真家Roslyn JuliaとGrace Tysonが立ち上げたインディペンデント・パブリッシャー、Goldenrod Editions初のGroup zine、Issue 01がいよいよ完成して「Wintertag」シリーズのサブシリーズ、The misty roadから二点掲載されました。NYのロックダウンにより約一年遅れてのリリース。非常に困難な状況の中、RoslynとGraceに感謝です。$20となっています。よろしくお願いします。

 

裏話: 本が完成した際に連絡があり、そのお礼のメッセージをRoslynに送ったところ、あなたのページはこんな感じ、と片手で本を開いた写真と、これも送ってあげる、と上記の原稿のコピー画像をくれました。直後にヒューイゴー!と言われ、それを合図にソーシャルに投稿した次第です。後日、オーダーした本が届いた際には複数部同梱されており、ちょっと背表紙に傷があるのを余分に入れといた、売り物のストックには含められないけど、傷はたいしたものじゃない、だからそれは日本のお友達に自由に配って!と、そんなRoslynに感謝。

(Book images ©︎ Goldenrod Editions)

*Goldenrod Issue 01は、Sold outになりました。

 

Incandescent issue Seventeen

I’m happy to be featured in Incandescent issue Seventeen. Thank you to Helen Jones, Editor at Pine Island Press and Marissa Csanyi.

アメリカ・オレゴン州ポートランドのインディペンデント・パブリッシャー、Pine Island PressによるIncandescent issue 17に「LITE」から一枚掲載されました。$14となっています。よろしくお願いします。

Incandescent issue 17 / Spring 2020
Curated and produced in Portland, US by Pine Island Press
Editors : Helen Jones and Marissa Csanyi
Copy Editor : Jeff Maceyko
Contributing Writer : Tasha Bjelić
57 pages / color 6.5 x 8 inch
On demand print / Perfect bound
First Pressing of 200

▶︎ Pine Island Press: Online Shop

 

Contributing Photographers: Christine Armbruster / Carmen Colombo / Leda Costa / Sonia Goydenko / J Houston / Jack Hulbert / Eric Kaczmarczyk / Mario Karlovcec / Jocelyn Keays / Kyle Lang / Rafael M. Milani / Masato Ninomiya / Rhombie Sandoval / Zhidong Zhang

 

featured in Eyescape Magazine

My picture featured in Eyescape Magazine special issue CONNECTIONS (P34). *Browse it on Issuu.

海外インディのアート・プロモーション&セルフ出版プロジェクトEyescape Magazineの “CONNECTIONS” に「LITE」から一枚掲載されました。Michael Wagenhäuserさんの作品とペアになり、見開きで対となるイメージです。他にも、Niall McDiarmidRob StephensonAnna Paola Guerraなど、計46名の写真家作品が掲載されています。Issuuでご覧頂けます。よろしくお願いします。

 

issuu: EYESCAPE MAGAZINE – CONNECTIONS (52 pages)

 

featured in Homeland Magazine

featured in lifestyle magazine Homeland Magazine (Fujian, China).
Cover photo and interview “Culture and ART”

中国・福建省で刊行されている大衆誌(ライフスタイル誌)、Homeland Magazine 60 / November 2010号に表紙写真と特集「Culture and ART」のインタビュー記事が掲載されました。この雑誌の表紙やインタビュー記事には濱田英明さんを筆頭に日本のフォトグラファー作品が時々ピックアップされています。編集部よりバックナンバーを含めて複数部送って頂いたので、しばらくの期間、閲覧用として鎌倉のアンティークショップ「Still Life」様に置かせて頂くことになりました。詳細は続きより。

Continue reading