Shortlisted: IMA next STORY

I am glad my photo series “Reincarnation” is shortlisted at IMA next STORY. Thank you so much, Juror Tomoko Yoneda -san for selecting my work. In addition, I participated in an online portfolio review by Naoko Higashi -san (Editor at the photography magazine IMA and project manager of Tokyo Art Book Fair) as a supplementary prize.

IMA next STORYのショートリストに、80歳を過ぎた両親にとっての終の住処とその周辺風景・大室山の山焼きを輪廻転生と捉えて時々撮り続けているシリーズ「Reincarnation 終の住処」が選出されました。審査員は高名な写真家・米田知子さんでした。ショートリストながらも選評も頂きました。感謝申し上げます。

副賞として、IMA編集部エディタ、Tokyo Art Book Fairプロジェクト・マネージャ東直子さんによるポートフォリオ・レビューをオンラインで受けさせて頂きました。これまでに制作してきた各シリーズのそれぞれのゴールに向けた具体的方向性に関するアドバイスと、このサイトの構成までご評価頂きました。ありがとうございました。

IMA next #025 STORY
▶︎ Winner and shortlist
▶︎ Juror: Tomoko Yoneda (Interview article by IMA)

Shortlisted: Reincarnation by Masato Ninomiya
▶︎ Jury selection and commentary 選評: EN / JP

本年もよろしくお願い致します。

 

Winner: FotoFilmic JRNL 11

My photo series “Wintertag” was selected as one of the 12 Winners in FotoFilmic JRNL Issue 11 Winter 2022. I’m honored. Thank you so much, director Virginie Lamarche at FotoFilmic and guest editor Corey Keller. And congratulations to Daniel Aros-Aguilar and Jenny Sampson, the front and back cover winners.

Issue 11 Guest editor: Corey Keller
She is historian of photography and independent curator based in Oakland, CA. From 2003 to 2021, she served as curator of photography at the San Francisco Museum of Modern Art (SFMoMA). She is currently adjunct professor in the photography program at California College of the Arts (CCA).

FotoFilmic JRNL Issue 11 Winter 2022
▶︎ https://fotofilmic.com/jrnl-11/

カナダFotoFilmic JRNL Issue 11の受賞者(掲載者)12名に「Wintertag」シリーズで選出されました。2022年1月にFotoFilmicより「JRNL Issue 11」が刊行されます。リリースの日程等は上記FotoFilmicウェブサイトをご参照願います。よろしくお願いします。

JRNL 11 ゲスト・エディタ: 写真史家 Corey Keller
サンフランシスコ近代美術館・写真キュレーター (2003 – 2021)
カリフォルニア美術大学・非常勤教授 (2021 – present)

MEMO: 2012年の創設時から僕はFotoFilmicを見てきました(当時、その刊行物はIssuuでも公開されていました)。その名称からフィルム・フォトグラフィに特化している印象を受けるかもしれませんが、創始者のひとりVirginie LamarcheさんはカナダのアートギャラリーBurrard Arts Foundationとのインタビューで、かつてこのように仰っています。「FotoFilmicは従来のシルバーベースの写真をデジタル写真の領域から分離するノスタルジックなアプローチを楽しむことに関与していません。FotoFilmicは常に、写真家が今日から選択できる無制限のオプションを提示する統合的な視点を奨励したいと考えています」。(参照: In conversation: Virginie Lamarche)

FotoFilmic HQ: 103-555 Prometheus Pl, Bowen Island, BC VoN 1G2, Canada

 

 

Shortlisted: URBANAUTICA Institute Awards 2020

 

I am so glad my photo project ‘Coastline’ is shortlisted at URBANAUTICA Institute Awards 2020 (Category: Anthropology and Territories). Thank you to Editor-in-Chief and juror Steve Bisson at URBANAUTICA Institute (Italy).

イタリアのURBANAUTICAによるコンペティション 、URBANAUTICA Institute Awards 2020のショートリストに「Coastline」シリーズが入りました(カテゴリー: 人類学、領域)。以下のリンクにWinners / Shortlisted projects / Special mentionsのそれぞれに選ばれた方々のプロジェクトとアーティスト・ステートメントが掲載されています。よろしければチェックしてみてください。よろしくお願いします。

Winners, Shortlisted projects and Special mentions:
▶︎ URBANAUTICA Institute Awards 2020

2008年に創設され、2010年から見てきたURBANAUTICA。創始者Steve Bisson氏はアルルのポートフォリオ・レビューやレビュー・サンタフェでレビュワーを努められてきた方と僕は認識しております。URBANAUTICA運営出身者には、同じくイタリアで2010年に創設されたLandscape StoriesのエディタGianpaolo Arena氏がおり、そのLandscape Storiesから派生してのちにVelvet Eyesが創設されるなど、URBANAUTICAは現代風景プラットフォームの源流だと思います。今回受賞を逃しても最終選考ショートリストに入ることが出来て大変嬉しいです。

 

International Photography Grant

International Photography Grant | Winning Certificate

“This Winning Certificate is Awarded to Masato Ninomiya [NOMINEE]. In 2019 Edition of International Photography Grant. Awarded Project : Wintertag (Landscape). London, United Kingdom. November 3rd, 2019”

アメリカfeature shoot、イタリアURBANAUTICALandscape Storiesが協賛しているUKのフォトコンペティションInternational Photography Grantに、2014年から冬期に継続している「Wintertag」シリーズでエントリーしました。今年8月に提出し、11月3日に通知された結果は、ランドスケープ部門の「NOMINEE」。ウィナーにはなれませんでしたが、シリーズをサブミットするにあたってネガの再スキャン、構成の見直しやステートメントの校正など、今年3月以降に取り組んできた事前準備が自分にとっては有意義でした。上の写真は主宰のInternational Photography Magazineから発行されたノミネートの証明書です。自分の準備の整い具合と、また機会があったら挑戦してみたいと思います。

IPG 4th Edition, Winner’s Gallery : [Landscape : NOMINEE] Wintertag by Masato Ninomiya
If I have a chance, I will try it once again. Thank you.

 

*Photozine draft : B5, 37 photos / incl. Subseries “The Misty Road” + Brief introduction (lang : EN/JP).