B/W Lambda print

Durst B/W lambda print by Shashin Kosha (Pro Lab. Higashi-Kanda, Tokyo)
Paper: ILFORD FB1K baryta paper (Darkroom enlarging paper)
Size: 11×14 inches
Photo: Neighborhood Nov 2021

*6×7 medium format, ILFORD DELTA 400, Kodak T-MAX developer, ILFORD Rapid Fixer, Self-development

カラー・ネガフィルム現像でお世話になっているプロラボ・写真弘社で、日本国内では唯一というB/Wラムダプリントをして頂きました。印画紙は暗室用のバライタ紙(銀塩プリント)、サイズは11×14の大四切。バライタ紙の面質は以下の短い動画をご参照ください。後日、写真弘社と同じ建物内の山ノ手写真製作所に再訪して額装のご相談など出来たらと思ってます。

 

Durst B/W lambda print by Shashin Kosha (Pro Lab. Higashi-Kanda, Tokyo)
Paper: ILFORD FB1K baryta paper (Darkroom enlarging paper)
Size: 11×14 inches
Photo: from the series ‘Borderland’ Apr 2019

*6×7 medium format, ILFORD DELTA 400, ILFORD ID-11, ILFORD Rapid Fixer, Self-development

 

 

Photography prints | 8×10

from the series ‘Wintertag’, ‘Coastline’, ‘Borderland’, etc.

I’m taking a break from social media for a while (about three months). I need to actually study. I bought an A3+ inkjet printer during the pandemic. I got some advice about inkjet print from printing director at Yamanote Photographic (Related post: here). I’m retrying photography prints with an inkjet printer. Feel free to give me your feedback and advice via DM or email. *I always use brownie 120 film 6×7 medium format. And sometimes I use 35mm (135) film.

Inkjet fine art paper: ILFORD and SiHL
Darkroom enlarging paper: ORIENTAL
Clamshell storage box: Print File, Inc.
Print size: 8×10 inches

*I’m going to get vaccinated for the first time on September 13th (Second dose: October 4th).

 

at Yamanote Photographic

My photography prints + Wood frame sample at Yamanote Photographic. Yamanote Photographic is an ILFORD certified print lab in Japan. I got some advice about inkjet print from printing director.

中判カラー・ネガフィルム現像でお世話になっているプロラボ・写真弘社と同じ建物内、東京・東神田のプリントラボ・山ノ手写真製作所に事前にアポイントメントをとった上でお伺いして、額装やブックマットに関する色々なアドバイスを頂きました。

昨年からのコロナ禍と、暗室などが営業自粛されていた状況もあって、今年2月に裁断機とA3+インクジェット・プリンターを自宅に導入しました。インクジェット・プリントはカラーよりも白黒の方が圧倒的に難しいと感じている中、暗室で手焼きしたプリントと見比べながら試行錯誤を繰り返しています。今回、山ノ手写真製作所でカラーと白黒のプリントのチェックもして頂けたのは本当に良い体験となりました。

*プリント制作やプリント販売に関するコラムをつづきに書きました。

Continue reading

B/W darkroom print

Enlarger : Fuji SD690N
Paper : ORIENTAL Eagle VCRP-F 8×10 inch

#01. F5.6-F8 / 3.2sec + dodging and burning
#02. F5.6-F8 / 2.0sec / straight
#03. F5.6-F8 / 3.2sec + dodging and burning

Rollei 35 SE, ILFORD DELTA 400
Self-developed / ILFORD ID-11, Rapid Fixer
Self-printed at The Darkroom International

 

暗室作業の覚書。引き伸ばし機の前に座ってルーペを覗いてネガの粒子を見るのは久しぶりだった。白黒暗室は全暗室のカラー暗室とは違って、仄かに赤いセーフライトが灯る中での作業なので、まるで瞑想ルームのようで落ち着く。引き伸ばし機に手の甲を翳して覆い焼きや焼き込みをした。明室に出てからはスタッフさんからのアドバイスや居合わせた他の作家さん達との会話も楽しくてそれ自体が生産的だった。

そんな中、ローライ35(ゾナーモデル)は非常に焼きやすいネガが作れるカメラだと思った。ローライ35は頂き物で、35mmフォーマットは使用用途に合わなかったけれど、新たな目的が出来た感じがする。プリントはネガの自家現像の過程に左右されるとは思うけれど(液温、現像時間で故意に粗くするなど)自分はノーマル現像しかしない中、スタッフさんにネガの具合もチェックして頂いた。

プラウベルマキナで撮ったものは撮影時にイエロー or レッドフィルター必須、引き伸ばし機に0番フィルターをかましてもガチガチに階調が硬かったので、違う方法を考えてみようかとも思った。昨年携わったクライアントワークの撮影プロジェクトでは、白黒ネガをスキャンして画像化した上で(スキャナー特性で柔らかくなる)白黒インクジェットプリントに定評のある清澄白河のアトリエ・マツダイラさんにプリント依頼させて頂いた。

 

in a darkroom

暗室WORKSでの手焼きカラー印画紙プリント備忘録

Photographic enlarger :
Durst M805 Color / EL-Nikkor 80mm F5.6
(C0, M70, Y70 / F8 / 15sec)

Photographic paper :
Kodak Professional PORTRA ENDURA paper (F).
8x10inch (20.3cm x 25.4cm)

Zeiss Ikon Ikoflex IIA / Zeiss-Opton Tessar T 75mm F3.5 / Kodak PORTRA 160VC / 6×6 medium format