Note | borderland

(昨年4月の投稿より再掲載)いずれは写真の中だけの風景になる、というと地球上どこでも当てはまりそうですが、2026年、国際園芸博覧会誘致など土地再利用計画が具現化するとそう遠くないうちに生まれ変わるはずの風景。シリーズ「borderland」について。県内に点在する米軍施設の中で、2015年に土地返還された横浜郊外・元米海軍通信施設跡地。敷地面積は東京ドーム51個分。現在もかつての国境/有刺鉄線内立入禁止ですが、友好の印として植樹された桜が満開になる四月の第一週には元ヘリポートの一部が一般開放されます。今年新たに元号も変わる中、今後変化していく風景を戦後日本の歴史のひとつとして+神奈川の中のアメリカ。

 

2020年5月追記 : 国際園芸博覧会誘致が正式承認。公共交通機関や住宅地から離れた場所なので、新交通システムの敷設が計画されているようです。これまでは敷地内を撮ってきましたけれど、今後は敷地の外側の変化や周辺の人々の生活風景にも注目してみたいとも思います。以下、Photozine原稿を刷新。現時点での原稿を入稿してペーパーバージョンを制作するつもりです。*一部、周辺地権者の方にお話をお伺いしながら撮影しています。現役米軍施設の場合許可なくカメラは向けられません。

 

*photozine draft : America in Kanagawa / The reborn landscape in the near future. (documentary landscape) | 148mm x 188mm, 32 photos, 60 pages. *Print on demand version : Mr.B Super white paper 135kg, Perfect bound. | This series is an ongoing project, starting in April 2019.