Note | Borderland

America in Kanagawa | There are dotted with US naval facilities in Kanagawa where I live. Of these US Radio Transmitting Facility Kamiseya in the suburbs of Yokohama was drawn off and the land was returned in 2015. The site area was 242ha. Cherry blossoms were planted along the surrounding highways as a sign of friendship. This part of the square opened to the public during the first week of April, despite the former border fence, the crossing is still prohibited. It is planned to attract an International Horticultural Exhibition which will be held in 2026, on the site of this US naval facility. After that, there is a plan to build a big theme park. The purpose of this photo series is to record one part of the history of Japan and the history of Kanagawa where the landscape will soon be reborn. This series is an ongoing project, which started in April 2019

 

シリーズ「Borderland」について。2026年、国際園芸博覧会誘致などの土地再利用計画が具現化するとそう遠くないうちに生まれ変わるはずの風景。変貌していく風景の記録。2015年に土地返還された横浜郊外・元米海軍通信施設の敷地面積は東京ドーム51個分。そこは戦後アメリカに接収された区画なので日本ではなくアメリカでした。そのかつての国境/有刺鉄線内は今でも立入禁止ですが、かつて友好の印として植樹された桜が満開になる四月の第一週には元ヘリポートの広場が一般開放され、今では県内有数の桜の名所となっています。しかしながら、土地再開発計画の中には、施設周辺の桜並木を伐採する計画も含められています。実は、この施設跡地とその周辺には、日本の国鳥キジが多数生息しています。国際園芸博覧会を誘致しながら自然保護とは矛盾するならば少なからずの疑問も感じるところです。さらに盗難に遭うのか英語標識も徐々に姿を消しています(上記一枚目、「DWI (Driving While Intoxicated) 禁止=飲酒運転禁止」の標識は2021年時点ですでに存在しません) 。今年新たに元号も変わる中、今後変貌していく風景を戦後日本の歴史のひとつとして+神奈川の中のアメリカ。

*一部、周辺地権者の方やガードマンの方にお話をお伺いしながら撮影しています。現役米軍施設の場合許可なくカメラは向けられません。

 

*photozine draft : 148mm x 188mm, 32 photos, 60 pages. *Print on demand version : Mr.B Super white paper 135kg, Perfect bound. | This series is an ongoing project, starting in April 2019.