FotoFilmic JRNL Issue 11 Winter 2022

FotoFilmic JRNL 11
▶︎ Get your copy on store.fotofilmic.com

This issue was guest edited by Corey Keller.
From 2003 to 2021, Curator of photography at the San Francisco Museum of Modern Art (SFMoMA).
Currently adjunct professor in the photography program at California College of the Arts (CCA).

Photographers:
Sam Zalutsky [USA], Nicole White [USA], Seunggu Kim [South Korea], Nikos Staikoglou [Greece], Tony Chirinos [USA], Daniel Aros-Aguilar [Colombia/USA], Jenny Sampson [USA], Masato Ninomiya [Japan], Emily Wall [USA], Laidric Stevenson [USA], Josh Slan [Canada], Sarah Malakoff [USA]

11×15 inches, 56 pages
©︎ 2022 FotoFilmic publisher and the artists

I’m very grateful for such a wonderful opportunity.

先月1月15日、カナダFotoFilmicからJRNL 11が刊行されました。JRNL 11ゲスト・エディタCorey Kellerさんによる序文と選出者12名のプロジェクトが掲載されています。このような機会に選出して頂き大変光栄です。サイズは11×15インチ(閉じた状態で大四切よりも大きなサイズ)、56ページ、価格は10USD。すでに残り僅かなようですが、上記オンライン・ストアをご参照頂ければ幸いです。

Cf. 関連記事

*FotoFilmic JRNL 11は、Sold outになりました。

 

Winner: FotoFilmic JRNL 11

My photo series “Wintertag” was selected as one of the 12 Winners in FotoFilmic JRNL Issue 11 Winter 2022. I’m honored. Thank you so much, director Virginie Lamarche at FotoFilmic and guest editor Corey Keller. And congratulations to Daniel Aros-Aguilar and Jenny Sampson, the front and back cover winners.

Issue 11 Guest editor: Corey Keller
She is historian of photography and independent curator based in Oakland, CA. From 2003 to 2021, she served as curator of photography at the San Francisco Museum of Modern Art (SFMoMA). She is currently adjunct professor in the photography program at California College of the Arts (CCA).

FotoFilmic JRNL Issue 11 Winter 2022
▶︎ https://fotofilmic.com/jrnl-11/

カナダFotoFilmic JRNL Issue 11の受賞者(掲載者)12名に「Wintertag」シリーズで選出されました。2022年1月にFotoFilmicより「JRNL Issue 11」が刊行されます。リリースの日程等は上記FotoFilmicウェブサイトをご参照願います。よろしくお願いします。

JRNL 11 ゲスト・エディタ: 写真史家 Corey Keller
サンフランシスコ近代美術館・写真キュレーター (2003 – 2021)
カリフォルニア美術大学・非常勤教授 (2021 – present)

MEMO: 2012年の創設時から僕はFotoFilmicを見てきました(当時、その刊行物はIssuuでも公開されていました)。その名称からフィルム・フォトグラフィに特化している印象を受けるかもしれませんが、創始者のひとりVirginie LamarcheさんはカナダのアートギャラリーBurrard Arts Foundationとのインタビューで、かつてこのように仰っています。「FotoFilmicは従来のシルバーベースの写真をデジタル写真の領域から分離するノスタルジックなアプローチを楽しむことに関与していません。FotoFilmicは常に、写真家が今日から選択できる無制限のオプションを提示する統合的な視点を奨励したいと考えています」。(参照: In conversation: Virginie Lamarche)

FotoFilmic HQ: 103-555 Prometheus Pl, Bowen Island, BC VoN 1G2, Canada

 

 

New Landscape Photography

Thank you to Willson Cummer (Editor/Curator of New Landscape Photography. New York, US) for featuring my work “Wintertag”. I truly appreciate all your kindness.

2010年から地道に運用されているアメリカ・ニューヨークのNew Landscape Photography | An International Art Blogに「Wintertag」シリーズが掲載されました (5 Photos + Brief description)。まったく異なるシリーズでポートフォリオレビューを受けた2010年当時、イタリアLandscape Stories、アメリカfraction magazineの他にこのブログをブックマークしていました。今回の掲載写真は、エディタWillsonさんのご意向で「自然と人工物」という組み合わせを主体にシリーズから五枚選別されています。

赤々舎から刊行されている『While Leaves a Falling…』で著名なNY在住の写真作家・金山貴宏さんによる東日本大震災に纏わる新たなシリーズ『Shades of the Departed』を僕は2017年にこのNew Landscape Photographyで知りました。会いたくても会えなくなってしまった人と会える場所、日本の伝承、恐山。教師でもあるWillsonさんとのやりとりの中では、ソーシャルに圧されてキュレーション・ブログの運営は大変だけれども、長年続けられるのは愛情以外の何ものでもないと仰っていたのがとても印象的です。よろしくお願いします。

 

featured on SEEN Magazine

Photo series “Wintertag” / featured on SEEN Magazine. Thank you so much for the feature. Founder/Curator : Julien Legrand (Lille, France).

フランスのコンテンポラリー・フォトグラフィ・プラットフォームSEEN Magazineに「Wintertag」シリーズが掲載されました (27 Photos + Brief description)。個人的にはFlickr、Tumblr、Instagramと長年縁を繋いでくれているイギリスのLloyd David (Night Photography / New Topographics) が掲載されていることなども嬉しいことのひとつです。よろしくお願いします。

 

Don’t Take Pictures

from the series “Wintertag”. featured on “Photo of the Day” / Don’t Take Pictures magazine (New York, US).
Thank you so much for the feature.

アメリカ・ニューヨークで刊行されている紙媒体の写真誌「Don’t Take Pictures magazine」のEditor-in-Chief Kat Kiernanさんからご連絡を頂き、「Wintertag」シリーズからご指定のあった一枚を提出、オンライン上の “Photo of the Day” にアメリカ東部時間11月14日に掲載されました。よろしくお願いします。

“You don’t take a photograph, You make it.” Ansel Adams 02.20.1902 – 04.22.1984

追記: Don’t Take Picturesは、ニューヨーク近代美術館MoMAでも販売されていた写真アート誌ですが、2021年9月1日をもって休刊/廃刊となりました。Photo of the dayに取り上げてくださったEditor-in-Chief Kat Kiernanさんに改めて感謝を申し上げます。(参照: Keep Making Pictures: Thank you for 8 great years

 

featured on Phases Magazine

Photo series “Wintertag” / featured on Phases Magazine. Thank you so much for the feature.

フランスのPhases Magazineに「Wintertag」シリーズが掲載されました (11 Photos + Brief description)。*Editor : Jerome Montagne (Paris, France).

Phases Magazineには世界中からメジャー/インディ作家のポートフォリオが選出されています。エディタのジェローム氏は日本国内のポートフォリオレビュー/コンペティションでもレビュワーを務められた方とPhases掲載作家さんよりお教え頂きました(Phases Magazine 掲載作家一覧)。ジェローム氏から掲載のご連絡を頂いたのはフランスの夏休み前、七月初頭でした。よろしくお願いします。

続きは、拙いステートメントと英文翻訳で協力してくれたノルウェーと縁のある演奏家のご紹介です。

Continue reading

International Photography Grant

International Photography Grant | Winning Certificate

“This Winning Certificate is Awarded to Masato Ninomiya [NOMINEE]. In 2019 Edition of International Photography Grant. Awarded Project : Wintertag (Landscape). London, United Kingdom. November 3rd, 2019”

アメリカfeature shoot、イタリアURBANAUTICALandscape Storiesが協賛しているUKのフォトコンペティションInternational Photography Grantに、2014年から冬期に継続している「Wintertag」シリーズでエントリーしました。今年8月に提出し、11月3日に通知された結果は、ランドスケープ部門の「NOMINEE」。ウィナーにはなれませんでしたが、シリーズをサブミットするにあたってネガの再スキャン、構成の見直しやステートメントの校正など、今年3月以降に取り組んできた事前準備が自分にとっては有意義でした。上の写真は主宰のInternational Photography Magazineから発行されたノミネートの証明書です。自分の準備の整い具合と、また機会があったら挑戦してみたいと思います。

IPG 4th Edition, Winner’s Gallery : [Landscape : NOMINEE] Wintertag by Masato Ninomiya
If I have a chance, I will try it once again. Thank you.

 

*Photozine draft : B5, 37 photos / incl. Subseries “The Misty Road” + Brief introduction (lang : EN/JP).

 

featured on | In a clearing |

Photo series “Wintertag”. featured on | In a clearing |.
Thank you so much for the feature.

オランダ・アムステルダムのコンテンポラリー・フォトグラフィ・プラットフォーム | In a clearing | に「Wintertag」シリーズが掲載されました。キュレーターはオランダの美大・ウィレム国王学院 (Willem de Kooning Academy) ご出身、ファインアート・フォトグラフィを学ばれたJoske Simmelinkさんで、共同運営者はアートワークの他、商業広告写真でも活躍されている写真家Jordi Huismanさんです。よろしくお願いします。

 

*photozine draft : B5, 37 photos / incl. Subseries “The Misty Road” + Text (lang : EN/JP)