Winner: FotoFilmic JRNL 11

My photo series “Wintertag” was selected as one of the 12 Winners in FotoFilmic JRNL Issue 11 Winter 2022. I’m honored. Thank you so much, director Virginie Lamarche at FotoFilmic and guest editor Corey Keller. And congratulations to Daniel Aros-Aguilar and Jenny Sampson, the front and back cover winners.

Issue 11 Guest editor: Corey Keller
She is historian of photography and independent curator based in Oakland, CA. From 2003 to 2021, she served as curator of photography at the San Francisco Museum of Modern Art (SFMoMA). She is currently adjunct professor in the photography program at California College of the Arts (CCA).

FotoFilmic JRNL Issue 11 Winter 2022
▶︎ https://fotofilmic.com/jrnl-11/

カナダFotoFilmic JRNL Issue 11の受賞者(掲載者)12名に「Wintertag」シリーズで選出されました。2022年1月にFotoFilmicより「JRNL Issue 11」が刊行されます。リリースの日程等は上記FotoFilmicウェブサイトをご参照願います。よろしくお願いします。

JRNL 11 ゲスト・エディタ: 写真史家 Corey Keller
サンフランシスコ近代美術館・写真キュレーター (2003 – 2021)
カリフォルニア美術大学・非常勤教授 (2021 – present)

MEMO: 2012年の創設時から僕はFotoFilmicを見てきました(当時、その刊行物はIssuuでも公開されていました)。その名称からフィルム・フォトグラフィに特化している印象を受けるかもしれませんが、創始者のひとりVirginie LamarcheさんはカナダのアートギャラリーBurrard Arts Foundationとのインタビューで、かつてこのように仰っています。「FotoFilmicは従来のシルバーベースの写真をデジタル写真の領域から分離するノスタルジックなアプローチを楽しむことに関与していません。FotoFilmicは常に、写真家が今日から選択できる無制限のオプションを提示する統合的な視点を奨励したいと考えています」。(参照: In conversation: Virginie Lamarche)

FotoFilmic HQ: 103-555 Prometheus Pl, Bowen Island, BC VoN 1G2, Canada