YPF | Portfolio review entries

第一回ヨコハマフォトフェスティバル、オープン・ポートフォリオレビューにアートディレクター推薦枠よりエントリーさせて頂きました。レビューを終えてのレポートです。

Yokohama Open Portfolio Review
Jan.16.2010 [Sat] 13:00 – 19:00
Jan.17.2010 [Sun] 13:00 – 18:00 一般開放日
横浜赤レンガ倉庫1号館2階

 

*会期終了後、撤収作業時のブース。会期中の盛況がまるで嘘のよう。二日間壁面に展示されていた作品は、事前開催された東京ポートフォリオレビューに参加された作家作品です。

アルルのポートフォリオレビューレビューサンタフェ並みの国内初とも思われる大規模ポートフォリオレビューでした。レビュワーには清里フォトアートミュージアム・細江英公館長、赤々舎・姫野希美代表、京都造形芸術大学・後藤繁雄教授、写真評論家飯沢耕太郎氏を始め国内写真アート界の代表的な先生方が数多くお見えになった中、自分には実績がありませんでしたが、三冊のポートフォリオを制作して会場に持参しました。一冊は「All alone」というテーマでまとめた大四切のポートフォリオ、他二冊は六つ切のポートフォリオでした。一日目はレビュワーの方々へのプレゼンテーション、二日目は一般観客へのプレゼンテーションでした。Getty Images小林正明アートディレクター、小山誠司クリエイティブ・コンテント・エディター、相鉄エージェンシー指澤祐二クリエイティブ・ディレクター、デジタルカメラマガジン川上義哉編集長、そしてコンテンポラリー・アート、EMON PHOTO GALLERY小高美穂プロデューサーには30分以上にも渡るご丁寧なレビューやアドバイスを頂きました。お忙しい中本当にありがとうございました。

 

*会期中、テーブル上にポートフォリオを広げ、椅子に座ることなくずっと起立したままだった中、人波の向こうで壁面に展示されていたこの方の作品(右側)がずっと気になっていました。撤収時にようやく近くで見ることが出来て束の間の幸福感。

また、ボランティアとして会場撤収作業をお手伝いした際、今回のイベントをプロデュースされた写真家・永田陽一さんよりアメリカのオンライン・アート誌/コンテンポラリー・フォトグラフィ・プラットフォームについての貴重なお話をお伺いすることも出来ました。意欲や志を持ってサブミット/挑戦し、ピックアップされればそれを見るのはワールドワイドの見識者+同じ志を持った各国アーティスト、インディでも美術館キュレーターとも繋がっているそのプラットフォームの背景や欧米フォトグラフィック・アート界の成熟した文化、但し、アーティスト・ステートメントは必要(形態としてはオンライン・ポートフォリオレビュー)、日本では言葉や文章で多くを説明しないことが美学でも、海外では言葉での説明(プレゼン)が大事など、そのすべてが勉強になりました。ありがとうございました。

*YouTubeで見つけた今回のレビューの様子 : 動画#01 / 動画#02

 

Jan.18.2010 | Yokohama