Shortlisted: URBANAUTICA Institute Awards 2020

 

I am so glad my photo project ‘Coastline’ is shortlisted at URBANAUTICA Institute Awards 2020 (Category: Anthropology and Territories). Thank you to Editor-in-Chief of URBANAUTICA and Jury Steve Bisson (Asolo, Italy).

イタリアのURBANAUTICAによるコンペティション 、URBANAUTICA Institute Awards 2020のショートリストに「Coastline」シリーズが入りました(カテゴリー: 人類学、領域)。2010年から見てきたURBANAUTICA、今回受賞を逃しても最終選考ショートリストに入ることが出来て大変嬉しいです。以下のリンクにWinners / Shortlisted projects / Special mentionsのそれぞれに選ばれた方々のプロジェクトとステートメントが掲載されています。よろしければチェックしてみてください。よろしくお願いします。

Winners, Shortlisted projects and Special mentions:
▶︎ URBANAUTICA Institute Awards 2020

 

Column: Goldenrod group zine

「zineというものを知っている?」

13年前の2008年、印刷出版大手に勤務する友人からそう聞かれたとき、身の回りではまだ聞き慣れないものだったと思います。当時その友人と都心をぶらつき、僕は林央子 (Nakako Hayashi) さんによる「here and there」というzineをブックショップで手に取りました。ホンマタカシさんなどが参加されていて、しかしそれは写真に特化したものではなく様々な記事が収められているアート誌、グラフィックデザイナーによる先鋭的な試みなども形にしているインディあるいはzineならではの刊行物でした。

 

当時もうひとつ「All things ordinary」という写真に特化したアメリカL.Aのグループzineを購入。そのキュレーション傾向は、一見すると当時世界的流行でもあったガーリーカルチャーに沿っているように見えて、掲載アーティストのクレジットにはBryan Schutmaatの名もありました。グループzineの役目は、キュレーションした作家作品をグローバルに紹介すること。レイアウトはオーソドックスに作品掲載のみに注力されています。そうした媒体の楽しいところは、知る人ぞ知る作家がこんなところに!と発見できたり、この作品良いなと作家名を調べてみると、実はその世界では著名な人だったなど、まるで辞書や図録のように知見を得るきっかけになることかもしれません。それらzineの特徴は広告収入を得ておらず、商業目的ではないところです。

グループzine、後者の主にアメリカの「文化」にコミットメントできたらと夢のひとつを持っていました。昨年それが叶って掲載されたポートランドのIncandescent、そしてニューヨークのGoldenrod Issue 01も海を渡って無事に先日届いて、現時点では100部のうち残りは11部とアナウンスもありました。その動画化と公開の許可を得られましたのでご覧頂ければ幸いです。RoslynGraceに感謝。

▶︎ Goldenrod group zine Issue 01: Online shop

(Movie via my Vimeo / Copyright ©︎ by the artists and Goldenrod Editions)

 

Landscape Stories Magazine | Coastline

My photo series “Coastline” has been featured on Landscape Stories Magazine blog (LS30 | Archive – Memories of the Future). Thank you to Editor-in-Chief of Landscape Stories Magazine Gianpaolo Arena (Treviso, Italy) and Social media editor Sara Spinelli (Milano, Italy) for featuring my work.

イタリアのコンテンポラリー・フォトグラフィ・マガジンLandscape Stories Magazine blogに「Coastline」シリーズが掲載されました(12 photos + Project statement)。よろしくお願いします。

*このシリーズのステートメントはイギリス・バーミンガムのM&Y Translations (Michael Normoyle & Yoshiko Furuhashi) 様に英翻訳して頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。

 

Column: HIDDEN HISTORIES exhibition by ICW

今年、In Conversation Withが立ち上がった直後、全世界はコロナウィルスによるパンデミックに突入し、欧米の街は軒並みロックダウンされました。屋外で活動出来ない閉塞感の中、すぐに全世界の写真家達とビデオ会議を始めて、各国の写真家達のポートフォリオや対談の様子をオンラインでシェアし始めたのがICWの創始者Michaela NagyidaiováKristina Sergeevaでした。ICWの名称は、コロナ禍を迎えて新たな意味を持ち始めたように僕には感じられました。

ICW創始者二名が個々に制作しているドキュメンタリー・フォトシリーズ、そこに内包されている要素をワードとして抽出し、それを公募のテーマにして、世界中の写真家達とコラボレーションを始めたところにも僕はすぐに興味を持ちました。その特定ワードに基づく様々な見解や新たに知り得た各国の歴史などを共有、学びの場にしているところがユニークで、まるで美大の通信教育部のような面白い試みにも僕には思えました。それを彼女達は「ビジュアル・ディスカッション」と呼んでいます。

 

ICWの公募は、Family Spaces、Getting By、今回のHidden Historiesで三回目。バーチャル・リアリティを用いた展示は初の試みです。ロックダウンされていた欧米各国の状況とコロナ対策、世界中の写真家達との国境を越えたコラボレーション、新たな体験や鑑賞方法など、バーチャル・リアリティを用いた経緯はその他にも、VRプラットフォームやアプリ、デバイス面も整った現在の時代的背景もあるかもしれません。もしもこの展示が現実空間で行なわれていたら、相当に大きなギャラリースペースが必要となるので、それはまるで言葉のあやのように現実的ではないかもしれません。今回は9つの国から15名の写真家達が参加した展示となりました。僕にとっては日本にかつて存在した国境のひとつBorderlandシリーズで、ボーダーレスな企画に参加出来たことを心から感謝したいと思います。アイデアを次々と形にしていくICWの五年後、十年後が楽しみです。

 

今回の展示が以下のサイトで取り上げられたようです。In Conversation With創始者二名の母校、ロンドン芸術大学のPost-Grad Communityと、美大生や卒業生の新進気鋭アーティストを紹介するプラットフォームThe Pupil Sphere。今回のオンライン展示HIDDEN HISTORIESのことが語られています。一読してみてください。

▶︎ ual | Post-Grad Community
▶︎ The Pupil Sphere

 

HIDDEN HISTORIES exhibition | Artist Profile

Hidden Histories by ICW Artist Profiles

(via In Conversation With)

▶︎ HIDDEN HISTORIES online exhibition by ICW

In Conversation Withによるオンライン・エキシビションHIDDEN HISTORIESのArtist Profile、そのステートメントがICW teamによって英文校正されていました。 ICW teamに感謝。

HIDDEN HISTORIESというテーマの下、創始者二名と世界中から公募された写真家とのコラボレーション展、2021年1月12日まで開催されています。今年のコロナウィルスによるパンデミック、欧米ロックダウンという状況だけでなく、国境を越えたコラボレーションとしても用いられたVRをお楽しみ頂ければと思います。

*English proofread : ICW team (Thank you so much!)

 

ICW team : Michaela Nagyidaiová and Kristina Sergeeva

 

Virtual Tour: HIDDEN HISTORIES online exhibition by ICW

Virtual Tour (VR) | HIDDEN HISTORIES online photography exhibition by In Conversation With

▶︎ HIDDEN HISTORIES online exhibition by ICW

In Conversation Withによるオンライン・エキシビションHIDDEN HISTORIESに “Borderland” シリーズで参加させて頂いています。開催中VR展示のバーチャル・ツアー動画がICWより公開されました(4分55秒)。ご参照頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

HIDDEN HISTORIES photography exhibition: Nov.12.2020 – Jan.12.2021

 

*with my project ‘Borderland
(Movie ©︎ In Conversation With)

 

Goldenrod zine Issue 01

I’m happy to be featured in the First group zine Issue 01 of Goldenrod Editions.

Curated and produced in New York, US by Goldenrod Editions
Founders : Grace Tyson and Roslyn Julia

5×7 inches / 114 pages / perfect bound
99 color photographs
Edition of 100
US $20

Artists : Kyle Agnew, Evan Allan,Viktória Bach, Colby Matthew Blaine, Daniel Bracken, Frances Bukovsky, Kelly Burgess, Alana Celii, Stephanie Crawford, Harlan Crichton, Anthony DeSanto, Jeffrey Dietz, Shane Dinet, Doug Dumais, Amy Fink, Conner Gordon, Nathaniel Grann, Karla Guerrero, Keavy Handley-Byrne, Levi Howser, Tamrin Ingram, Jordanna Kalman, Ross Kiah, Katie Abbott Ladner, Evan Laudenslager, Jessina Lynn Leonard, Arianna Lucas, Nikki Marquardt, Jennifer Mawson, Penny Molesso, Jaime Molina,Travis Morehead, Margaret Murphy, Michaela Nagyidaiová, Masato Ninomiya, Evan Perkins, Sarah Pfohl, Emily Porter, Christopher Postlewaite, Emma Pure, Joseph Ritchie, Anthony Robinson, Olivia Rotante, Dan Rubenbauer, Alexandra Silverthorne, Kevin Sterne, Dana Stirling, Jacquelyn Stuber, Kelsey Sucena, Lisa Toboz, Nikki Visciglia, Alina Wang, Lauren Zallo

▶︎ Item description / Online shop

NYのGraceとRoslynが立ち上げたIndependent Publisher ‘Goldenrod Editions’ 初のGroup Zineが完成して作品二点掲載されました。NYのロックダウンにより約一年遅れてのリリース、GraceとRoslynに感謝です。US $20となっています。よろしくお願いします。

Thank you to Grace and Roslyn for selecting my work.

 

(Book images ©︎ Goldenrod Editions)

 

HIDDEN HISTORIES online exhibition by ICW

 

HIDDEN HISTORIES online exhibition by In Conversation With will be held from Nov.12.2020, with my project “Borderland“.

Please check out ICW official website
▶︎ https://www.in-conversationwith.co.uk/

Artists : Giuliana Borrelli, Matteo Capone, Fraser Crichton, Margaux Crump x Jake Eshelman, Yassen Grigorov, Vera Hadzhiyska, Lorraine Olivia Hamberger, Salome Jishkariani, Martina Martorelli, Nino Memanishvili, Michaela Nagyidaiová, Masato Ninomiya, Kristina Sergeeva, Vytaute Trijonyte

Thank you to ICW team Michaela Nagyidaiová and Kristina Sergeeva for selecting my work.

*About In Conversation With
Photograd : A Q&A with In Conversation With

*My project “Borderland” can also be found on Landscape Stories Magazine LS30 | Archive.

 

HIDDEN HISTORIES online exhibition by ICW
(Movie ©︎ In Conversation With)

 

Landscape Stories Magazine | Wintertag

My photo series ‘Wintertag’ has been featured on Landscape Stories Magazine blog (LS30 | Archive – Memories of the Future). Thank you to Editor-in-Chief of Landscape Stories Magazine Gianpaolo Arena (Treviso, Italy) and Social media editor Sara Spinelli (Milano, Italy) for featuring my work.

borderlandシリーズに続いて、イタリアのLandscape Stories Magazine blogに「Wintertag」シリーズが掲載されました。よろしくお願いします。