HANDS by Valentine Editions

印刷メディアの掲載者に個別に配布された告知用ポスター
Thank you so much, Valentine Editions and curator Christine Marie Serchia -san (director of Serchia Gallery) for the opportunity to be a part of this beautiful publication.

キリスト教の聖職者、ヴァレンタイン。写真家達をひとつのテーマで結びつけるロンドン拠点のヴァレンタイン・エディション。二月を「特別」と表現する、二月生まれの僕にとっては親近感を覚えるプラットフォーム。それを知った頃、「ROCK」という公募が行なわれていた。その結果を傍観しながら感じたのは「石は自然風化や人間による加工によってその姿や形を変え、古代から現代まで人間の営為と共にある」だった。そんな主旨ですよとは謳っていなかったけれど、世界中の写真家達がそれぞれ異なる主旨で制作しているシリーズなどからキュレーターが特定の主題をもとに写真をピックアップしていくと、そんな一連のイメージが浮かび上がってくるのは面白いなと思った。想像力にはおそらく教養も必要とは思うけれど、WINDOWS、PAPER、ROCKと続いたキュレーションからは毎回ある種の哲学を感じる。そんな中、メディアと鑑賞者を結びつけるのもヴァレンタインならば、今回の「HANDS」にはPHOTO VOGUEのグローバル・トップのエディタやフランスPhases Magazineのエディタも反応したちょっとユーモラスで微笑ましい白黒作品も含まれている。

「手」や「腕」、それが身体のどの範囲を指すのかは国や言語によって異なるらしい。イスラエル出身の言語学者ガイ・ドイッチャー著『言語が違えば、世界も違って見えるわけ』

HANDS.
Pre-order £25.00 ▶︎ Valentine Editions
45 pages of photographic works from 30 international artists.
Digitally printed on 55 gsm improved newsprint
289 x 380 mm / 11.4 x 15 inches
©︎ 2024 Valentine Editions publisher and the artists

 

To touch is be touched

Valentine Editions「HANDS」の主旨にはひとこと「To touch is be touched」と説明されている。そんな中、今年の春、四方幸子先生の書籍『Ecosophic Art』をストーリーズに投稿したとき、ドイツのPh.D. Sandra Köstlerさんが、ジェームズ・ブライドルの本『Ways of Being: Animals, Plants, Machines: The Search for a Planetary Intelligence』を取り上げて反応してくれたことがあった。どちらの本も人新世と呼ばれる現代と未来における自然界と人間の在り方、後者はそれらとAIとの関わりが書かれているはず。Valentine Editions「HANDS」で僕の名が付記された写真に、サンドラさんとサンドラさんのワークショップThe Space Labがリアクションを示してくれていたのはきっとWays of Seeingで、人と植物についておおまかにイメージしてくれたのだろうなと勝手に想像。

以前の「ROCK」のように、将来「HANDS」は紙媒体化されてロンドンのブックフェアなどに出展されるだろう。僕のはそれに含まれないかもしれない。キュレーターのクリスティーン (Christine Serchia) さんには、この写真はカラーフィルムの現像時にローラーの痕が残った低クオリティの古いスキャン画像を白黒変換したもので、むしろノイズを乗せることを考えたと最初にお伝えしてあった。クリスティーンさんからは別途「私たちにとってとても重要なリレーションシップについてのデザインワーク」と謳うアカウントからフォローして頂いた。

▶︎ @valentineeditions Instagram Exhibition
▶︎ UK based independent publisher Valentine Editions
Curated by Christine Marie Serchia (Curator of Valentine Editions. Director at Serchia Gallery)

▶︎ Podcast: PHOTO SLUT / ft. Christine Marie Serchia

 

What Makes a Lake? Tracing Movement

Published by Vermont, US and Toronto, Canada based independent publisher Another Earth.
Curated and Edited by Abbey Meaker, Estefania Puerta and Cristian Ordóñez.
Designed by Cristian Ordóñez and Abbey Meaker.

180ページのボリューム、四つ切よりひとまわり大きなサイズ。タイポグラフィ (*) を含むパッケージと本のレイアウトデザインは、ニューヨークMoMAをはじめ複数の美術館に作品収蔵実績があるチリ出身・カナダ拠点の写真家でグラフィックデザイナーのCristian Ordóñez氏によるものです。表紙に選ばれたFeiyi Wenさんは、以前にも記したイギリス・ブリストルのコマーシャルギャラリーSerchia Galleryにこの後に招待&展示されたようです。唯一日本からの僕の作品とテキストはうしろの方に掲載されています。
本の主旨と説明はこちら ▶︎ 過去記事 #1, #2

Artists: Maalik Abdul-Rahim, Gaspar Abrilot, Gabriela Alvarez, Andy Becker, Tal Ben Avi, Casey Bennett, Ali Beşikçi, Koan Brink, Alix Breda, Kelly Burgess, Frances Cannon, Madeline Cass, Zen Cohen, Kristie Cornell, Ben Currotto, Giuseppe De Santis, Adam DeSorbo, J Taran Diamond, Ross Doree, Peter Dubinski, Laura Duval, Richelle Forsey, Andrew Frost, Matina Galati, Roman Gioglio, Grace Glynn, Renee Greenlee, Tülin Gündoğdu, Beihua Guo, Ke Huang, Julie F Hill, Justine Highsmith, Anne Immelé, Ian Thomas Jansen-Lonnquist, Hua Jin, Caitlin Lorraine Johnson, Phoenix Kanada, Laura Kiernan, Cassandra Klos, Kalie Krause, C.E. La Dolce, Macaulay Lerman, Victoria Maidstone, Andrea Martínez, Benjamin Mayock, Pierre Mohamed-Petit, Zaynab Mortada, Kasia Murfet, Tommy Nease, Masato Ninomiya, Kelley O’Leary, Steve Olsen, Charles-Frederick Ouellet, Ahmed Ozsever, Robert Pallesen, Jasmine Parsia, Sarah Phenix, Duy Phuong, Ilaria Pisoni, Zach Pollakoff, Jared Ragland, Will Ritson, Matt Ross, Anna Rotty, Jordan Rowell, Will Sharp, Saar Shemesh, Kate Schneider, Fiona Segadaes Da Silva, Stefanie Schaut, Yonatan Schechner, Jackson Smith, William Mark Sommer, Todd Stewart, Brian St. Denis, Michael Sundue, Lily Consuelo Saporta Tagiuri, Camila Valdés, Maxim Voloshin, Ryan Walker, Alyssa Warren, Feiyi Wen, Janice Wong, Andrew Zawacki, Mary Zompetti

180 pages / 9.25 x 12.5 inches / Unbound / Contained in cardboard box (Tote bag optional)
$45 / First Edition of 150 copies (Sold out)
This publication was supported by the Burlington City Arts Community Fund Grant.
© 2023 Another Earth publisher and the artists.

*Lake, River, Land, Rain, Ice, Waterなどテーマに基づく単語のみ、文中のタイプフェイスを変えている演出もあり。

 

What Makes a Lake? by Another Earth

 

I’m honored to be part of this beautiful publication “What Makes a Lake? Tracing Movement” by Another Earth. A photo from my photo series “Wintertag” and a text about Lake Yamanaka in the Fuji Five Lakes has been featured in this book. Thank you so much for including my work.

What Makes a Lake? Tracing Movement brings together the work of more than 80 artists to create a portrait of Earth’ lakes, rivers, and oceans. This collection of images and text offers an intimate experience of places that we hope create a new connection to and commitment for caring for our most vulnerable ecosystems. In exploring an expanded scope of lakes around many different communities, we see how all these bodies of water are not isolated but rather flowing in and out of one another, reminding us how much our impact ripples out. What changes can be made with new awareness? (via Another Earth website)

Available for preorder Sold out ▶︎ Another Earth “Books”
First edition of 150 copies. US$45 + Shipping fee.

Another Earth is an independent publisher based in Vermont, US and Toronto, Canada.
Founders: Abbey Meaker, Cristian Ordóñez, and Estefania Puerta.
This publication was supported by the Burlington City Arts Community Fund Grant.

 

都市から郊外への人口流出や気候変動の影響を受けている自然界。地球の地殻変動の歴史が刻まれている湖とその川、そこに住まう生態系などに焦点を当て、様々な考察を促すAnother Earthのプロジェクト「What Makes a Lake? Tracing Movement」。その本に、「Wintertag」シリーズの写真とその舞台でもある地元相模川の源流・山中湖に関するテキストが選出されました。

アカデミックなテーマでリサーチベースのプロジェクトが多くを占める印象もある欧米ファインアート界の方達で今回個人的に目に留まったのは、フランスのアートスクール講師でキュレーター、ビエンナーレのアートディレクターで写真家でもあるPh.D. Anne Immeléさんが選出されていたことです。Black Flower Publishingの創始者Will Sharp、Too Tired ProjectのディレクターKelly Burgess、その他にもCasey BennettKate SchneiderGiuseppe De SantisKalie Krauseなど掲載者は80名弱。Cristian OrdóñezさんとAbbey Meakerさんによるブックデザインも含めて、元々勉強目的でこの本の企画に興味があったので、七月九月を楽しみに待ちたいと思います(先行予約開始後三日間でソールドアウト)。掲載された写真とテキストは以下(Continue reading)に転載します。

 

Continue reading

FotoFilmic JRNL Issue 11 Winter 2022

FotoFilmic JRNL 11
▶︎ Get your copy on store.fotofilmic.com

This issue was guest edited by Corey Keller.
From 2003 to 2021, Curator of photography at the San Francisco Museum of Modern Art (SFMoMA).
Currently adjunct professor in the photography program at California College of the Arts (CCA).

Photographers:
Sam Zalutsky [USA], Nicole White [USA], Seunggu Kim [South Korea], Nikos Staikoglou [Greece], Tony Chirinos [USA], Daniel Aros-Aguilar [Colombia/USA], Jenny Sampson [USA], Masato Ninomiya [Japan], Emily Wall [USA], Laidric Stevenson [USA], Josh Slan [Canada], Sarah Malakoff [USA]

11×15 inches, 56 pages
©︎ 2022 FotoFilmic publisher and the artists

I’m very grateful for such a wonderful opportunity.

先月1月15日、カナダFotoFilmicからJRNL 11が刊行されました。JRNL 11ゲスト・エディタCorey Kellerさんによる序文と選出者12名のプロジェクトが掲載されています。このような機会に選出して頂き大変光栄です。サイズは11×15インチ(閉じた状態で大四切よりも大きなサイズ)、56ページ、価格は10USD。すでに残り僅かなようですが、上記オンライン・ストアをご参照頂ければ幸いです。

Cf. 関連記事

*JRNL 11は、Sold outになりました。

 

FotoFilmic JRNL 11

My photo series “Wintertag” was selected as one of the 12 Winners in FotoFilmic JRNL Issue 11 Winter 2022. I’m honored. Thank you so much, Virginie Lamarche, director at FotoFilmic. Thank you to guest editor Corey Keller. Congratulations to Daniel Aros-Aguilar and Jenny Sampson, the front and back cover winners.

Issue 11 Guest editor: Corey Keller
She is historian of photography and independent curator based in Oakland, CA. From 2003 to 2021, she served as curator of photography at the San Francisco Museum of Modern Art (SFMoMA). She is currently adjunct professor in the photography program at California College of the Arts (CCA).

FotoFilmic JRNL Issue 11 Winter 2022
▶︎ https://fotofilmic.com/jrnl-11/

カナダFotoFilmicが開催しているアーティストカタログJRNLの公募、Issue 11の掲載者12名に「Wintertag」シリーズで選出されました。2022年1月にFotoFilmicよりJRNL Issue 11が刊行されます。リリースの日程等は上記FotoFilmicウェブサイトをご参照願います。よろしくお願いします。

JRNL 11 ゲスト・エディタ: 写真史家 Corey Keller
2003 – 2021 サンフランシスコ近代美術館・写真キュレーター
2021 – present カリフォルニア美術大学・非常勤教授

FotoFilmic HQ: 103-555 Prometheus Pl, Bowen Island, BC VoN 1G2, Canada

 

 

Landscape Stories Magazine | Coastline

My photo series “Coastline” has been featured on Landscape Stories Magazine blog (LS30 | Archive – Memories of the Future). Thank you to Gianpaolo Arena, Editor-in-Chief at Landscape Stories Magazine and Sara Spinelli, Social media editor at Landscape Stories Magazine for featuring my work.

イタリアのコンテンポラリー・フォトグラフィ・マガジンLandscape Stories Magazine blogに「Coastline」シリーズが掲載されました(12 photos + Project statement)。よろしくお願いします。

*このシリーズのステートメントはイギリス・バーミンガムのM&Y Translations (Michael Normoyle & Yoshiko Furuhashi) 様に英翻訳して頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。

 

HIDDEN HISTORIES exhibition | Artist Profile

Hidden Histories by ICW Artist Profiles

(via In Conversation With)

▶︎ HIDDEN HISTORIES online exhibition by ICW

In Conversation Withによるオンライン・エキシビション「Hidden Histories」、私のアーティスト・プロフィールがICWチームによって英文校正されていました。ICW創始者の二人に感謝。このサイト上の「Borderland」のステートメントも早速修正しました。

「Hidden Histories」というテーマの下、創始者二名と世界中から公募された写真家とのコラボレーション、2021年1月12日まで開催されています。今年のコロナウイルスによるパンデミック、欧米ロックダウンという状況だけでなく、国境を越えたコラボレーションとしても用いられたVRをお楽しみ頂ければと思います。

*Artist profile: English proofreading by ICW team (Thank you so much!)

 

ICW team : Michaela Nagyidaiová and Kristina Sergeeva

 

HIDDEN HISTORIES exhibition | Virtual Tour

Virtual Tour (VR) | HIDDEN HISTORIES online photography exhibition by In Conversation With

▶︎ HIDDEN HISTORIES online exhibition by ICW

In Conversation Withによるオンライン・エキシビションHIDDEN HISTORIESに “Borderland” シリーズで参加させて頂いています。VR展示のバーチャル・ツアー動画がICWより公開されました(4分55秒)。ご参照頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

HIDDEN HISTORIES photography exhibition: Nov.12.2020 – Jan.12.2021

 

*with my project ‘Borderland
(Video ©︎ In Conversation With)

 

Goldenrod zine Issue 01

I’m happy to be featured in the first group zine issue 01 of Goldenrod Editions. Thank you to Roslyn Julia and Grace Tyson for selecting my work.

Curated and produced in New York, US by Goldenrod Editions
Founders : Grace Tyson and Roslyn Julia

5×7 inches / 114 pages / perfect bound
53 Artists / 99 color photographs
Edition of 100
US $20

▶︎ Item description / Online shop

NYの写真家Roslyn JuliaとGrace Tysonが立ち上げたインディペンデント・パブリッシャー、Goldenrod Editions初のGroup zine、Issue 01がいよいよ完成して「Wintertag」シリーズのサブシリーズ、The misty roadから二点掲載されました。NYのロックダウンにより約一年遅れてのリリース。非常に困難な状況の中、RoslynとGraceに感謝です。$20となっています。よろしくお願いします。

 

裏話: 本が完成した際に連絡があり、そのお礼のメッセージをRoslynに送ったところ、あなたのページはこんな感じ、と片手で本を開いた写真と、これも送ってあげる、と上記の原稿のコピー画像をくれました。直後にヒューイゴー!と言われ、それを合図にソーシャルに投稿した次第です。後日、オーダーした本が届いた際には複数部同梱されており、ちょっと背表紙に傷があるのを余分に入れといた、売り物のストックには含められないけど、傷はたいしたものじゃない、だからそれは日本のお友達に自由に配って!と、そんなRoslynに感謝。

(Book images ©︎ Goldenrod Editions)

*Goldenrod Issue 01は、Sold outになりました。