at Yamanote Photographic

My photography prints + Wood frame sample at Yamanote Photographic. Yamanote Photographic is an ILFORD certified print lab in Japan. I got some advice about inkjet print from printing director.

中判カラー・ネガフィルム現像でお世話になっている写真弘社と同じ建物内、東京・東神田の山ノ手写真製作所に事前にアポイントメントをとった上でお伺いして、額装やブックマットに関する色々なアドバイスを頂きました。

昨年からのコロナ禍と、暗室などが営業自粛されていた状況もあって、今年2月に裁断機とA3+インクジェット・プリンターを自宅に導入しました。インクジェット・プリントはカラーよりも白黒の方が圧倒的に難しいと感じている中、暗室で手焼きしたプリントと見比べながら試行錯誤を繰り返しています。今回、山ノ手写真製作所でカラーと白黒のプリントのチェックもして頂けたのは本当に良い体験となりました。

*プリント制作やプリント販売に関するコラムをつづきに書きました。

 

小浜はるみさんより、懐かしい「Studio Voice」、「Ryuko Tsushin」、「花椿」の他、「Numero Tokyo」などの雑誌類(左下)とホンマタカシ氏著「たのしい写真(平凡社)」を頂きました。震災を機に本棚を処分してしまったので暫定的にラタンバスケットへ。

昨年、コロナウイルスによるパンデミックが発生して欧米各国がロックダウンしたとき、欧米の一部の写真家達は自宅から出られなくなったことを逆手にとって、Tetenal Europeから薬品を取り寄せてカラー・ネガフィルムの自家現像を始めたり(参照)、A2またはA3+インクジェット・プリンターを自宅に導入して、自宅で作ったプリント作品をびっくりするくらい安価に販売し始めました。ギャラリー契約作家がエディション・ナンバー付きのオリジナル・プリントを然るべき価格でギャラリーから販売する伝統的なルートとは別に、よりオルタナティブなインディのスタンスというか(彼らは美大でBFAやMFAの学位を取得しているキャリアの持ち主だったりするので、そのクオリティは折り紙付きです)、12×16の小半切よりもさらに大きな13×19の額装ナシで60ドルなど、元々部屋やオフィスにアートを飾る文化が根付いている国々だからなのか、より自由により身近にアートをというムーブメントがロックダウンによる閉塞感からの解放として欧米の一部で起きたのかな?というような印象を持ちました。

 

Taさん (Ta Photograph) からは、誕生日に「Studio Journey Knock 7 | Ephemeral Paradise (Sunnyside Press)」を頂いたので(一番右)、かつてTaさんが撮影を担ったmaison de plageのカタログ写真に似せてコンデジで模倣してみた。

2010年頃、アメリカNYのギャラリーのオーナーが創設した「HEY, HOT SHOT art for everyone」というコンペティションがあって、コンペを通過した作家のオリジナル・プリントが比較的安価に販売されていました。今でも欧米にはRISE ARTartspanSAATCHI ARTなど、写真や絵画などのマーケットプレイス/作品販売プラットフォームがありますが、前述のような作家自身による直販の例では、より気軽にライフスタイルの一環としてEtsyを利用した個人販売の他、サンフランシスコの風景写真家Ella PeakeさんなどはSociety6を利用した作品販売を行なっている様子です。インクジェット・プリントを活用していく上で、敷居は高くてもいずれはSAATCHI ARTなどに参加出来るような準備をしていければとも思います。