Soft magazine n.00

Soft magazine n.00 First edition 2020/2021

Artists: Ákos Levente, Ama Split, An Devroe, Aslan Hasanaghaei, Burak Boylu, Emerald Liu, James Mason, Jeremy Philip Knowles, Lalie Thébault Maviel, Macayli Hausmann, Masato Ninomiya, Michael Schoberth, Søren Lilholt, Soti Tyrologou, Thom Cameron, Yuhan Shen

Editor: Giada Pianon
Creative director: Manuela Baldin
Treviso – Venice, Italy

Bounded 21×29.7 cm
Glossy cover 300 gr, Paper 120 gr
86 pages
€ 15.00

▶︎ Online shop | www.softmagazine.eu

*NOTE: Four works from my “Wintertag” series were published in issue 00 of Italy’s Soft magazine. When the magazine went on sale, three of these four works appeared in a format that was different from their original 6×7 medium format (The photographs’ aspect ratio had been shrunk vertically). Soft magazine has already looked into this problem for me. The editor has been in touch to let me know that the error will be corrected when the magazine is reprinted, and an errata sheet with an explanation of what happened will be issued. I would like to thank Soft magazine’s editor Giada Pianon for her quick response concerning this problem. Despite the unfortunate production error in issue 00, I sincerely hope that Soft magazine will thrive in the future.

イタリアの Soft magazine n.00に「Wintertag」シリーズから4作品掲載されました。但し、掲載作品のうちの3作品について、オリジナルのフォーマットとは異なる上下方向に縮小圧縮された形で掲載されています。この件に関して、すでにSoft magazineとの間で双方確認が取れており、再販時には原稿が修正されること、正誤表を用いてこの問題が説明されることなどをエディタよりご連絡頂いております。ご了承のほどよろしくお願いします。

(Movie via my Vimeo | Copyright ©︎ 2020 by the artists and Soft magazine)

 

Column: Goldenrod group zine

「zineというものを知っている?」

13年前の2008年、印刷出版大手に勤務する友人からそう聞かれたとき、身の回りではまだ聞き慣れないものだったと思います。当時その友人と都心をぶらつき、僕は林央子 (Nakako Hayashi) さんによる「here and there」というzineをブックショップで手に取りました。ホンマタカシさんなどが参加されていて、しかしそれは写真に特化したものではなく様々な記事が収められているアート誌、グラフィックデザイナーによる先鋭的な試みなども形にしているインディあるいはzineならではの刊行物でした。

 

当時もうひとつ「All things ordinary」という写真に特化したアメリカL.Aのグループzineを購入。そのキュレーション傾向は、一見すると当時世界的流行でもあったガーリーカルチャーに沿っているように見えて、掲載アーティストのクレジットにはBryan Schutmaatの名もありました。グループzineの役目は、キュレーションした作家作品をグローバルに紹介すること。レイアウトはオーソドックスに作品掲載のみに注力されています。そうした媒体の楽しいところは、知る人ぞ知る作家がこんなところに!と発見できたり、この作品良いなと作家名を調べてみると、実はその世界では著名な人だったなど、まるで辞書や図録のように知見を得るきっかけになることかもしれません。それらzineの特徴は広告収入を得ておらず、商業目的ではないところです。

グループzine、後者の主にアメリカの「文化」にコミットメントできたらと夢のひとつを持っていました。昨年それが叶って掲載されたポートランドのIncandescent、そしてニューヨークのGoldenrod Issue 01も海を渡って無事に先日届いて、現時点では100部のうち残りは11部とアナウンスもありました。その動画化と公開の許可を得られましたのでご覧頂ければ幸いです。RoslynとGraceに感謝。

▶︎ Goldenrod group zine Issue 01: Online shop

(Movie via my Vimeo / Copyright ©︎ by the artists and Goldenrod Editions)

 

Goldenrod zine Issue 01

I’m happy to be featured in the First group zine Issue 01 of Goldenrod Editions.

Curated and produced in New York, US by Goldenrod Editions
Founders : Grace Tyson and Roslyn Julia

5×7 inches / 114 pages / perfect bound
99 color photographs
Edition of 100
US $20

Artists : Kyle Agnew, Evan Allan,Viktória Bach, Colby Matthew Blaine, Daniel Bracken, Frances Bukovsky, Kelly Burgess, Alana Celii, Stephanie Crawford, Harlan Crichton, Anthony DeSanto, Jeffrey Dietz, Shane Dinet, Doug Dumais, Amy Fink, Conner Gordon, Nathaniel Grann, Karla Guerrero, Keavy Handley-Byrne, Levi Howser, Tamrin Ingram, Jordanna Kalman, Ross Kiah, Katie Abbott Ladner, Evan Laudenslager, Jessina Lynn Leonard, Arianna Lucas, Nikki Marquardt, Jennifer Mawson, Penny Molesso, Jaime Molina,Travis Morehead, Margaret Murphy, Michaela Nagyidaiová, Masato Ninomiya, Evan Perkins, Sarah Pfohl, Emily Porter, Christopher Postlewaite, Emma Pure, Joseph Ritchie, Anthony Robinson, Olivia Rotante, Dan Rubenbauer, Alexandra Silverthorne, Kevin Sterne, Dana Stirling, Jacquelyn Stuber, Kelsey Sucena, Lisa Toboz, Nikki Visciglia, Alina Wang, Lauren Zallo

▶︎ Item description / Online shop

NYのGraceとRoslynが立ち上げたIndependent Publisher ‘Goldenrod Editions’ 初のGroup Zineが完成して作品二点掲載されました。NYのロックダウンにより約一年遅れてのリリース、GraceとRoslynに感謝です。US $20となっています。よろしくお願いします。

Thank you to Grace and Roslyn for selecting my work.

 

(Book images ©︎ Goldenrod Editions)

 

Incandescent Issue Seventeen

I’m happy to be featured in Incandescent Issue Seventeen.

アメリカ・オレゴン州ポートランドのインディペンデント・パブリッシャー・Pine Island PressによるPhotography zine Incandescent Issue 17に作品掲載されました。US $14となっています。よろしくお願いします。

Incandescent Issue 17 / Spring 2020

Curated and produced in Portland, US by Pine Island Press
Editors : Helen Jones and Marissa Csanyi
Copy Editor : Jeff Maceyko
Contributing Writer : Tasha Bjelić
57 pages / color 6.5 x 8 inch
On demand print / Perfect bound
First Pressing of 200
US $14

Contributing Photographers : Christine Armbruster / Carmen Colombo / Leda Costa / Sonia Goydenko / J Houston / Jack Hulbert / Eric Kaczmarczyk / Mario Karlovcec / Jocelyn Keays / Kyle Lang / Rafael M. Milani / Masato Ninomiya / Rhombie Sandoval / Zhidong Zhang

▶︎ Online Shop

 

Note | Borderland

(昨年4月の投稿より再掲載)いずれは写真の中だけの風景になる、というと地球上どこでも当てはまりそうですが、2026年、国際園芸博覧会誘致など土地再利用計画が具現化するとそう遠くないうちに生まれ変わるはずの風景。シリーズ「Borderland」について。県内に点在する米軍施設の中で、2015年に土地返還された横浜郊外・元米海軍通信施設跡地。敷地面積は東京ドーム51個分。現在もかつての国境/有刺鉄線内立入禁止ですが、友好の印として植樹された桜が満開になる四月の第一週には元ヘリポートの一部が一般開放されます。今年新たに元号も変わる中、今後変化していく風景を戦後日本の歴史のひとつとして+神奈川の中のアメリカ。

 

2020年5月追記 : 国際園芸博覧会誘致が正式承認。公共交通機関や住宅地から離れた場所なので、新交通システムの敷設が計画されているようです。これまでは敷地内を撮ってきましたけれど、今後は敷地の外側の変化や周辺の人々の生活風景にも注目してみたいとも思います。以下、Photozine原稿を刷新。現時点での原稿を入稿してペーパーバージョンを制作するつもりです。*一部、周辺地権者の方にお話をお伺いしながら撮影しています。現役米軍施設の場合許可なくカメラは向けられません。

 

*photozine draft : 148mm x 188mm, 32 photos, 60 pages. *Print on demand version : Mr.B Super white paper 135kg, Perfect bound. | This series is an ongoing project, starting in April 2019.

 

Note | Coastline

Coastline」は神奈川県南西部の相模湾沿い、主に西湘バイパス20km区間の橋梁の下の光景を撮り続けているシリーズです。昨年5月に発症したメニエール病を抱えながら始めたものなので、県内を電車移動、東海道線の大磯以西の各駅から徒歩15分圏内を対象に(難聴と眩暈で一人での移動はそれが限界)、「西湘の海岸浸食と、周辺の人々や暮らし」をテーマにしています。後者の部分は今後撮り足して差し替えていけたらと(完治に向けても)目標にしています。西湘では「写真撮りに来たの?」とわりと話しかけてもらえる実感もあるので、地元の方々との一期一会を大事に今後はポートレートなども残すことが出来たらとも思っています。

 

大磯駅に飾られている絵=東海道と言えば歌川広重。『広重と大正期の写真(知足美術館Amazon)』という本には、広重と同じ場所で撮られた大正期の写真(硝子乾板?)が出てきます。大正時代のその試みも面白いけれど、当時の機材による制約とはいえ客観的に風景を捉えているからこそ広重の時代との対比も出来て、約100年後の現代にも意味が出てくる。現在、西湘の海岸侵食が深刻に進行する中、東海道線車内で束の間そのことにも思いを巡らせました。

Dec.2020 追記
Coastline” Project statement: Translated by M&Y Translations (Michael Normoyle & Yoshiko Furuhashi. Birmingham, UK)

 

featured in Eyescape Magazine

My picture featured in Eyescape Magazine special issue “CONNECTIONS” (P34). *Browse it on issuu.

海外インディのアート・プロモーション&セルフ出版プロジェクトEyescape Magazineの”CONNECTIONS“に掲載されました。見開きで対となるイメージ、Michael Wagenhäuserさんの作品とペアになりました。