Covid Pictures

ロックダウン以降、イタリアのある写真家はケミカルを取り寄せてC-41カラーネガの自家現像を始めた。C-41の自家現像なんてすごいね!とメッセージを送ったら、前からやってるんだけど今は家から出られないから丁度良いと思って、と返答があった。2008年頃に自分もC-41自家現像をしていたので、ISO感度に関係なく高温処理で3分15秒というのを思い出して懐かしくなった。アメリカ・ニューヨークのネイチャーを愛する女性写真家は、家から見える景色の動画をスマートフォンで録ってインスタグラムのストーリーに投稿していた。美しい風景、安全に過ごして、とメッセージを送ったら即返答があり、直後に静止画をフィードの方に投稿していた。しばらくこんな投稿が続くかも?と書き添えてあった。パンデミック/ロックダウン中の不可抗力な状況下でも今しか出来ないことを彼らは共有していると思った。

 

Aint-Bad MagazineのエディタだったJennifer Timmer Trailさん(アメリカ・オレゴン州)が、パンデミック下の世界中の写真をアーカイブしようという目的のプロジェクト、Covid Picturesを創設されました。この状況でしか作られることのなかった貴重な記録やアーカイブとなるのかどうかは今はまだ誰にもわからないと思うけれど、目的は前述のように至ってシンプルなもののようです。後年、Covid Picturesのアーカイブを客観的に見られるようになることを自分は願おうと思います(そう出来るときには、この世界的危機が収束しているはずという希望)。

Spring snow (Mar.29.2020) from the series “Wintertag” | Covid Pictures Archive 1-250