book : Where the Flowers still grow

 

興味深い写真集/作家を見つけた(下記リンク)。本棚から手にとって写真集を繰り返し眺めているときに横に並んだスタッフさんが説明してくれた。インドの作家。小説にインスパイアされたことが発端のシリーズ、カシミール地方を紐解くような風景ドキュメンタリー。風景写真やポートレートの構図は洗練されていて、その作画はまるで欧州の現代作家のよう。所々にイタリア人作家のようなトーンのカラー写真も出てくる。作家が視線を向けた先はテーマを読み解くと納得する。奥付のタイポグラフィがインドっぽい。印刷/製本はオランダだった。インド系アメリカ人、ジュンパ・ラヒリの小説の読後感も少し思い出した(日本語訳版だけれど)。最後まで購入を迷いました。在庫があるうちに再度手に取りたくなる一冊かもしれない。中目黒poetic scapeにてメモ。

photobook : “Where the Flowers still grow” by Bharat Sikka | distributed by twelvebooks

本棚にはルイジ・ギッリの新刊「Colazione sull’Erba」もあったけれどそれはもう好きすぎて却下。

 

TOKYO-GA charity photo book

東日本大震災支援として
「東京画チャリティー・フォトブック」に参加しました。
写真集の売上金は赤十字に寄付されます。
詳細は、以下オフィシャルサイトをご参照ください。
http://www.tokyogaga.com/

経緯と謝辞を続きより。

Continue reading