Note | Coastline

This photo series focuses on the area that extends underneath the Seisho Bypass along the Seisho Coast and National Route 1. The Seisho Coast is usually a quiet place with few people around, familiar to locals as a fishing spot and a walking route for large dogs. At the same time, coastal erosion due to natural processes has progressed. Some areas have lost as much as 45 metres of sand beach in the last 65 years, and the seawater pools at Hiratsuka and Kozu have recently been closed. In the Ninomiya area, a typhoon washed away the beach and caused a section of the Seisho Bypass to collapse in 2007. Currently this area has an artificial sand beach. At Kozu the pier structure of the Seisho Bypass is being eroded by waves, and tetrapods are becoming increasingly common here. I decided to make a photographic record of the appearance of this coastal area that has been restored by humans. Another purpose of this photo series is to make a comparison between Hiroshige’s depiction of Hiratsuka, Oiso and Odawara in “The Fifty-Three Stations of the Tokaido”, and how these three places look nowadays. This series is an ongoing project, which started in September 2018.

Coastline” brief introduction: Translated by Michael Normoyle and Yoshiko Furuhashi at M&Y Translations (Birmingham, UK)

 

Coastline」は神奈川県南西部の相模湾沿い、平塚から小田原の先の早川まで、国道134号線と西湘海岸の砂浜上に建つ国道1号西湘バイパスの区間で「西湘の海岸浸食と周辺の人々や暮らし」をテーマに撮り続けていくシリーズです。海岸侵食について、平塚では過去65年間で最大45メートルも砂浜が減少し、二宮海岸では台風で砂浜が完全消滅して西湘バイパスが崩落、のちに人工砂浜が設けられました。国府津の海岸では西湘バイパスの橋脚が波に浸かり、日々砂浜のメンテナンスが行なわれています。砂浜がなければ高波が発生して、周辺への影響はより大きくなります。人の手による自然の修復などにも焦点を当てられたらと思います。そして、西湘では「写真撮りに来たの?」と話しかけてもらえることもあるので、地元の方々との一期一会を大事にポートレートなども撮り残すことが出来たらとも思っています。

大磯駅に飾られている絵=東海道と言えば歌川広重。知足美術館刊行の『広重と大正期の写真(Amazon)』という本には、広重の絵と同じ場所で撮られた大正期の写真が出てきます。当時の機材による制約とはいえ客観的に風景を捉えているからこそ広重の時代との対比も出来て、約100年後の現代にも意義が出てくるとも思います。東海道線の車内で束の間「将来へのアーカイブ」という思いも巡らせました。

*昨年5月に発症したメニエール病を抱えながら始めたものなので、県内を電車移動、東海道線の大磯以西の各駅から徒歩15分圏内を対象に定点観測のように続けられるものという発想で始めたのがきっかけです。