Note | Borderland Part II

Add 8 photos: Series “Bordeland” 2019 – ongoing

These photographs are part ofBorderland”, one of my photo archive projects. I live in the city of Sagamihara (Kanagawa Prefecture), where the US Army Sagami General Depot is situated. In 2014, 17 of the depot’s total 214.4 hectares were returned to Japan. A local pro soccer team is planning to relocate its home stadium to this area. There are also plans to construct an extension of the Odakyu Tama railway line and a new station underground here. What this currently unused site will look like in the future is very hard to imagine. Recording this landscape as it changes will require a long (10-year) time-frame. Since the end of the War in 1945, Kanagawa Prefecture seems to have experienced an influx of American culture, as the US Army’s presence has brought jazz, surfing, surf music, movies, hamburgers, entertainment, art and the like to Shonan coast and even the central area of the prefecture where I live.

Translated by Michael Normoyle and Yoshiko Furuhashi at M&Y Translations (Birmingham, UK)

 

Borderland」に追加した8枚の写真について: これらは、私の写真アーカイブ・プロジェクトのひとつ「Borderland」に関連した写真です。私が住む神奈川県内には米陸軍相模総合補給廠があり、2014年に214.4ヘクタールのうち17ヘクタールが土地返還されました。将来この場所には、地元のプロ・サッカーチームのホームスタジアムが移転される計画となっており、さらには、小田急多摩線が延伸され、地下に新たな駅が建設される計画となっています。現在の手付かずの土地からは未来の風景を想像するのはとても難しいですが、移り変わっていく風景を記録していくには10年単位の長い年月が必要です。そして、神奈川県の文化に目を向けると、1945年の終戦以降、湘南海岸を始め、この県央地区でも、ジャズ、サーフィン、サーフ・ミュージック、映画、ハンバーガー、エンタテインメントやアートなどのアメリカ文化が米軍を通じて入ってきたそうです(参考文献 Works Cited:「米軍基地と神奈川」國學院大学講師・栗田尚弥編著 有隣新書、他)。

*現在も土地返還された部分でも立入禁止です。従ってフェンス越し、幾つかはカメラを持った両腕を上に伸ばしてフェンスの上からノー・ファインダーで撮っています。また、現役米軍基地は許可なく立入及び撮影することは出来ません。

In Conversation With | Hidden Histories Exhibition
Landscape Stories Magazine blog | Masato Ninomiya
My website ‘Note’ (May 2020)