HANDS by Valentine Editions

印刷メディアの掲載者に個別に配布された告知用ポスター
Thank you so much, Valentine Editions and curator Christine Marie Serchia -san (director of Serchia Gallery) for the opportunity to be a part of this beautiful publication.

キリスト教の聖職者、ヴァレンタイン。写真家達をひとつのテーマで結びつけるロンドン拠点のヴァレンタイン・エディション。二月を「特別」と表現する、二月生まれの僕にとっては親近感を覚えるプラットフォーム。それを知った頃、「ROCK」という公募が行なわれていた。その結果を傍観しながら感じたのは「石は自然風化や人間による加工によってその姿や形を変え、古代から現代まで人間の営為と共にある」だった。そんな主旨ですよとは謳っていなかったけれど、世界中の写真家達がそれぞれ異なる主旨で制作しているシリーズなどからキュレーターが特定の主題をもとに写真をピックアップしていくと、そんな一連のイメージが浮かび上がってくるのは面白いなと思った。想像力にはおそらく教養も必要とは思うけれど、WINDOWS、PAPER、ROCKと続いたキュレーションからは毎回ある種の哲学を感じる。そんな中、メディアと鑑賞者を結びつけるのもヴァレンタインならば、今回の「HANDS」にはPHOTO VOGUEのグローバル・トップのエディタやフランスPhases Magazineのエディタも反応したちょっとユーモラスで微笑ましい白黒作品も含まれている。

「手」や「腕」、それが身体のどの範囲を指すのかは国や言語によって異なるらしい。イスラエル出身の言語学者ガイ・ドイッチャー著『言語が違えば、世界も違って見えるわけ』

HANDS.
£25.00 ▶︎ Valentine Editions
45 pages of photographic works from 30 international artists.
Digitally printed on 55 gsm improved newsprint
289 x 380 mm / 11.4 x 15 inches
©︎ 2024 Valentine Editions publisher and the artists