Column: Goldenrod group zine

「zineというものを知っている?」

13年前の2008年、印刷出版大手に勤務する友人からそう聞かれたとき、身の回りではまだ聞き慣れないものだったと思います。当時その友人と都心をぶらつき、僕は林央子 (Nakako Hayashi) さんによる「here and there」というzineをブックショップで手に取りました。ホンマタカシさんなどが参加されていて、しかしそれは写真に特化したものではなく様々な記事が収められているアート誌、グラフィックデザイナーによる先鋭的な試みなども形にしているインディあるいはzineならではの刊行物でした。

 

当時もうひとつ「All things ordinary」という写真に特化したアメリカL.Aのグループzineを購入。そのキュレーション傾向は、一見すると当時世界的流行でもあったガーリーカルチャーに沿っているように見えて、掲載アーティストのクレジットにはBryan Schutmaatの名もありました。グループzineの役目は、キュレーションした作家作品をグローバルに紹介すること。レイアウトはオーソドックスに作品掲載のみに注力されています。そうした媒体の楽しいところは、知る人ぞ知る作家がこんなところに!と発見できたり、この作品良いなと作家名を調べてみると、実はその世界では著名な人だったなど、まるで辞書や図録のように知見を得るきっかけになることかもしれません。それらzineの特徴は広告収入を得ておらず、商業目的ではないところです。

グループzine、後者の主にアメリカの「文化」にコミットメントできたらと夢のひとつを持っていました。昨年それが叶って掲載されたポートランドのIncandescent、そしてニューヨークのGoldenrod Issue 01も海を渡って無事に先日届いて、現時点では100部のうち残りは11部とアナウンスもありました。その動画化と公開の許可を得られましたのでご覧頂ければ幸いです。RoslynとGraceに感謝。

▶︎ Goldenrod group zine Issue 01: Online shop

(Movie via my Vimeo / Copyright ©︎ by the artists and Goldenrod Editions)