Column: Traditional Japanese paper Awagami

Traditional Japanese color Hanada-Iro. 日本の伝統色「深縹(こきはなだ)」と藍染めされた「保多織」

その手触りの良さと縹色に藍染めされた名刺入れを一目見て、その場で購入したのが2017年だった。その年、約30年ぶりに高松で再会した父方の親類のひとりのケイコ姉さんは昔と同じように栗林公園を案内してくれた。その敷地内の「かがわ物産館・栗林庵」で僕は初めて高松の伝統工芸「保多織」を知った。江戸時代から伝統を引き継ぐ織り元は、香川県高松市内に一軒しか現存していないらしい。幼少の頃に毎年顔を合わせていた歳の近い高松の従兄の母親は徳島県出身で、建設中だった大鳴門橋と渦潮を僕は幼少の頃に写真に写している(in Setouchi)。その徳島県の伝統工芸と言えば吉野川水系の阿波藍と現在専業一社の阿波和紙。

 

SAKURA (2022) | Printed on Murakumo Kozo Select White by Awagami Factory

「この紙を好きになった」とまるで恋に落ちたかのようにアワガミファクトリーの和紙を紹介していたのは社会学の博士号を取得しているドイツのビジュアル・アーティストSandra Köstlerさんだった。CVのとおりサンドラさんは台湾での展示実績などから東アジアの文化に興味を持っているようで、そのポートフォリオには台湾のソーシャル・ランドスケープの他、韓国の山水画に関するリサーチベースのランドスケープ「SANSU」などがある。ヨーロッパがロックダウンされていた期間には、元WIRED編集長・若林恵氏の書籍『さよなら未来』に登場しそうなアーカイブを利用したリサーチを行なっていた。世界各国で日々膨大に撮られるストリート写真のアーカイブからフェイスマスクを装着している人物が写り込んでいるものだけを抽出し、それらをヨーロッパや東アジアなどの各地域毎に分類してグラフのように積み上げていく様子を動画化。フェイスマスクの装着率をビジュアル化する「A CONSTANT STREAM OF MASKS」という試みだった。そして直近のギャラリー展示では、サイエンス・ライターEmma Marris著『自然という幻想』を彷彿とさせるような(手つかずの自然はもはや地球上に存在しない。地球環境の変動によって動植物は大移動している。外来種を排除するのではなく人間が積極的に自然を管理することで共存の道を探るべきだという論文)テーマを表現するために南ドイツの自然保護区で撮影した自然を日本のサテン生地に印刷、それらを天井から吊るして人為的な自然界を表現するインスタレーションを行なっていたようだった(THERE IS NO SUCH THING AS NATURE)。

 

SANDS (2022) | Printed on Murakumo Kozo Select White by Awagami Factory

和紙の産地は日本国内多々ある中で、「鳥の子」など北陸の越前和紙が最も知られているかもしれない。そんな中、徳島県や四国に縁がある僕は阿波和紙を早速オーダーしてサンドラさんに報告した。「あなたの投稿を参考にして、これらの写真を阿波和紙にプリントすることに決めました」、「それは良い判断!この紙は本当にイイ!」。

和紙の面質は作品を選ぶけれど(なぜ和紙を使うのか、どの産地や工房の和紙を使うのか、その意図やアウトプットを想定した作品作りが理想と思うけれど)、楮を原料とする比較的薄めの「群雲・楮」などは伝統的な和紙工芸のように裏側から光を透過させる演出にも向くと思った。そして、和紙にプリントしたものを手にするとそれ自体を大切にしたくなる。いずれはアワガミファクトリーのプリントラボ/プリンターさんにいくつか印刷依頼させて頂ければと思いつつ、あるいは超短編シリーズとして和紙でzineを製本化なども試みてみたいと思う。

▶︎ Awagami Visiting Artist Program (Japanese / English)