Minami-Nagasaki

一色真由美 × 小山奈那子「波の穂」、告知を見て二つの理由で観に行こうと思った二人展。9年前、奈那子さんが日芸在学中に開いた初個展以来の展示鑑賞、顔を合わせるのは4年ぶりだった。そして、ターナーギャラリーがある東京都豊島区南長崎は自分の出身地。二人展開催初日の7月29日、展示鑑賞と合わせて母方の今は亡き祖母の家の周り、トキワ荘通りも歩いた。

 

展示を観ながら、その一点モノを買えるものなら買いたいと思った。この日、イラストレーターの一色さんはご不在、そんな中、動画内で奈那子さんが説明してくれた、凝った作りのphotozineがあったし、ポストカードもあったので、奈那子さんとスタイリスト伊藤さんを前にこれ全部買うと言った。思い違いかもしれないけれど、かつて写真グループで奈那子さんと知り合った当時、高校生だった奈那子さんはその頃すでに10代をテーマにしたものを手がけていたような気もするし、日芸在学中もそれ以降も、何らかの形、何らかの傍らで、10代をテーマにしたものを続けていたような気もする。会場で別途教えてもらったTeam Aqubiのフォトブックも後日Amazonで購入。そのフォトブックに至っては、もしも自分に娘がいたらこんな本を見せてあげたいと思った。久しぶりに目に触れるそのクリエイティビティはやっぱり流石で、興味深い、何か心が洗われるような展示鑑賞だった。

Nanako Koyama | http://www.nanakokoyama.com/
Mayumi Isshiki | https://www.isshikimayumi.com/

 

南長崎、昔と変わらず、トキワ荘通りの狭い路地を都バスが走っていた。母は印刷製版材料を扱う仕事をしていた20代の頃、この南長崎で祖父から二眼レフのローライフレックスをプレゼントされ、のちにそれを親類によって盗まれてしまう。昭和初期、カメラは家宝、カメラは防湿庫よりも金庫に仕舞うような時代。頭にきた母は、大塚のカメラ屋さんに行って、自腹で当時最新機種のライカ判Canon Canonet Jr.を購入し直したらしい。そんな母の大事なカメラを小学生のときに譲り受けて、僕は今でもそれを手元に残している。

 

日本大学芸術学部のある江古田、その隣の東長崎は、幼少時に母のカメラを持ってよく歩いたところだ。東長崎駅の踏切などは思い出深い。南長崎で声をかけた人々は、随分変わっちゃったよ、と口を揃えて言っていたけれど、見覚えのあるお店がまだあったし、僕の目にはあまり変わっていないような印象だった。祖母の家があった場所で、その近くに住むおじさん達と話をした。「裏の公園に行ってみな? 宇宙船、まだあるぞ」子供が中に入れる丸い遊具のことだ。10代、それも初期の頃を思い出しながら、いつかそこで僕は改めて違う形で写真を撮ってみるかもしれない。