It’s been a while.

今年の初頭、某フィルム売場で「こんにちは」と声をかけられました。偶然の再会。その声は、昨年まで横浜市の片隅で老舗のフォトラボを経営されていた池澤さんでした。お店を畳まれた後、現在は某メーカーからの出向で東京郊外へ来ているという池澤さんを年末になって食事にお誘いしました。若い頃にドラムをやっていたらしい池澤さんは「楽器って、弾くと頭がすっきりするよね」と言い、写真談義から徐々に音楽談義へ。

 

2015年の半ばより、カラーネガ現像はプロラボに依頼しています(モノクロ現像は自家現像、ネガスキャンは自宅の古いスキャナを使用)。そんな中、池澤さんが経営されていたお店には過去半年間ほどお世話になりました。食事の席で池澤さんは「娘に和太鼓を習わせてるんだけど、最近ドラムをやりたいって言うからこの前一緒にスタジオに入ったんだよ」と言い、そのときの様子を写真で見せてくれました。

そんな池澤さんに、自分のYouTubeをお見せしました。世代が近いので、すぐに通じたことも嬉しかった。10年以上ギターや楽器を弾いていなかった中、10代や20代の頃に影響を受けたものを自分がどう消化したのか残してみたかった。けれど、やはり思うように指は動かない、弦に負けない指先を作るのに何ヶ月もかかる、たった1曲でも全パートを耳コピーしながらコードを拾って、演奏をそこそこのレベルまで持っていくレッスンとホームレコーディングの過程には1年くらい平気でかかってしまいます。と、言い訳をしようとしたら「昔けっこうやってたな? おれもまたやってみようかな、スネアとかまだとってあると思うし」という池澤さんの言葉に同志的な感覚でちょっと嬉しくなったのです。

 

2017.10追記。数年前、写真も本気なグラフィックデザイナー・岡野康史さんから格安で譲って頂いたOvationを使って、USナッシュビルのインディ、Matt Wertzをカバー。原曲を聴き取った感じではコードはC#mとE。左トラックの指弾きパートとか、鍵盤のひとつは普通にピアノの音色で弾いたり、途中からのドラムパートなど、そのあたりは原曲とは異なるのですが。映像の最初と最後に出てくる女性は、突然の雨に永代橋の下に潜った際、同じように橋の下で雨宿りしていた新聞社のカメラマンさん。