in Osaka

6月16日金曜日、大阪hitoto gallery。今回のインパクトはタイトルからだった。フライヤーのデザインは、タイトルの意図をタイポグラフィだけで見事に表現されているような美しくて強い印象だった。”めをつむってみる”、”see inside”との関連なども想像しながらギャラリーのドアを開けると、1年ぶりにお会いするこひやまさんのお顔には初めて見るヒゲがあった。小檜山貴裕 写真展「もうこわくて目があけられない」。

 

*記録動画はブレブレです…  *僕のイントネーションが相当おかしいですが(そこの動画いる?と自問しつつ 汗)、10年の付き合いの中で普段そのへんの関東人よりも美しい標準語を話すTaさんが突然関西言葉になったことに本当に動揺したのだ。

組写真にはストーリー(読む順番)がある中、今回のこひやまさん展を観ながらむしろ自分自身の方に意識が向いてしまった。自分の人生を自分で受け入れていないというか、向き合えていないところ、時間の経過、愛すべき存在の有無でもいいし、自分は何を感じながら日々生きているの、全部からっぽだ…と思った。こひやまさんはたぶん装わない。かつての「演出写真こーかい劇場」のイメージが強いという方もきっとたくさんいらっしゃると思う中、僕は今回の展示につながる私写真シリーズでこひやまさんを初めて知り、そんなこひやまさんのかつてのストーリーも思い出しながら、今回は内面と外側との間、そこに波が立っているような感じがした。ギャラリースペースの中央、マット台紙にセットされた文章も読みながら、こひやまさんらしさを仮に「まっすぐ」としたら、今回はレイアウトも故意にまっすぐではないようなところも、こひやまさんがまっすぐだからそうなったのかもしれないと思った。

 

同時開催の「コヒ山スタジオ」。希望者をこひやまさんが即興で撮り下ろす企画。即興でも絵画のクロッキーとは異なる、対話しながらその場のひらめきで描かれる感じだった。動画は個展2日目の様子。その日の夜ご飯トークタイム中にTaさんがこひやまさんへあるリクエストをした。そのとき、こひやまさんに変化が起こったような気がする。会期中こひやまさんのアプローチはどのように変わるのだろう。撮影体験をした方達がちょっと羨ましく、どんなものが出来上がるのかいつか結果も見てみたい。

 

*昨年の高松での個展で展示されていた6×7からの手焼きプリントと、こひやまさんご自身がその後に焼き直した8×10のコンタクトプリント、そのポートフォリオを見させてもらっている図。ブレてしまった…

動画の中のOURS. 7DAYS SCENE撮影エピソードに関連して。10年以上前、当時クリエイター・リンクリスト・サイトというのがあって、そこで京都拠点の写真家・平野愛さんのFLAT-FIELD.netを知った。当時は劇団などを撮影されていた平野さんの写真を紙媒体でも見たいと思った自分は思いきって問い合わせをした。ご丁寧に、京都Lマガジンや京都芸術批評誌でカメラマンとして携わられている旨の返信を頂いた。平野さんとの接点はそのときだけだけれど、昨年の高松でふと思い出し、京都拠点で接点あるのかなと思ってこひやまさんにお尋ねした。それから間もなく、平野さん企画+動画内でお聞きした元・京都Lマガジン/現・Re:S所属の竹内さん編集による7DAYS SCENEに偶然こひやまさんが携わられて、画面を通してそれを見ながら勝手に嬉しかった。7DAYS SCENEは、UR住宅の紹介ページでありながら関西を拠点に活躍されている数々の写真家のデータベースにもなっているところが見ていて楽しい。そんな複合的なアイデアが今も尚、平野さんらしいような気もする。

最後に、会場でこひやまさんの代表作がポストカードとして販売されていた。フレームに入れて自宅の壁に飾りたい。時々アシスタントを務められている島田さんからお聞きした撮影現場エピソードなども含めて、今回も充実した時間をありがとうございました。

*小檜山貴裕オフィシャルサイト | noboka.net
*Flyer/Logo designed by Tanaka TATSUYA | DesignSALAD